鼠径ヘルニアの症状、治療方法、ホームケア

鼠径ヘルニアとは

男の子はママのお腹の中にいる間、睾丸(精巣)はお腹の中にあり、生まれる少し前に腹膜と一緒に陰嚢に下りてきます。通常は睾丸が陰嚢に下りた後腹膜は自然に閉じますが、鼠径ヘルニアは腹膜が閉じない病気です。その場合、赤ちゃんが泣いて腹圧が高まった時などに腸が閉じていない部分から飛び出してしまうことがあります。

 

女の子に睾丸や陰嚢はありませんが生まれる前に同じことが起こるので、腸や卵巣が飛び出してくることがあります。1~5%の割合で発生し、男の子に多い病気です。飛び出した部分が締め付けられ血流が悪くなり、内臓が壊死してしまうこともあります。

鼠径ヘルニアの症状

赤ちゃんと子供の病気 鼠径ヘルニアの症状

足の付け根や陰嚢が膨らみます。症状の出る時期は様々で、生まれた時から現れることもあれば、歩きはじめの頃に現れることもあります。朝は引っ込んでいて、夕方になると飛び出してくることもあります。痛みは無いこともあります。片側に起こることが多いですが、両側に起こることもあります。
 

飛び出した内臓が締め付けられると痛むので機嫌が悪くなります。 症状がみられた場合はすぐに受診しましょう。

鼠径ヘルニアの治療法

発見時期や病院によって治療方法が異なります。
赤ちゃんがまだ小さい場合は自然に治ることがあるので、様子を見ることもありますが、最近は早めに手術をすることが多いようです。女の子で卵巣が飛び出してしまう場合、卵巣が傷つきやすいので早めに手術を行います。

 

発見が1歳以上の場合は、自然に治ることが期待できないので手術を行います。かんとんヘルニアと言って腸が締め付けられている場合は、内臓が壊死をして腐ってしまうのですぐに手術を行います。

鼠径ヘルニアのホームケア

症状が現れたらすぐに病院を受診しましょう。経過観察中も腸が戻らなくなったり、痛がり激しく泣いたりする場合はすぐに病院を受診しましょう。激しく泣くとと腹圧が高まり内臓が飛び出しやすくなるので、激しく泣くときはあやすなどしてあまり激しく泣かせないようにしましょう。