細気管支炎の症状、治療方法、ホームケア

細気管支炎とは

赤ちゃんと子供の病気 細気管支炎

細気管支炎とは風邪などに罹った時、細気管支が炎症を起こしていることを言います。ほとんどがウイルスによるもので、細気管支が細い2歳未満の子が発症しやすく、冬に多くみられます。とくに6ヶ月未満の赤ちゃんがなりやすいので注意が必要です。
RSウイルスなどの風邪が流行しているときや、家族が感染しているときは、赤ちゃんにうつらないように気をつけましょう。細気管支とは気管支が分かれた細い部分です。

細気管支炎の症状

赤ちゃんと子供の病気 細気管支炎

熱、咳、くしゃみ、鼻水などの風邪症状の後に咳や痰がひどくなり、呼吸が早い、息苦しい、小鼻がピクピク動く、みぞおち辺りが凹む陥没呼吸、顔色や唇の色が悪い(チアノーゼ)、呼吸困難などの症状が出ます。気管支や細気管支が炎症を起こし、腫れや痰などの分泌物で管が狭くなっているので、呼吸の度に「ゼーゼー」「ヒューヒュー」と音が鳴る呼吸喘鳴や呼吸困難が特徴的な症状です。
 

赤ちゃんは急激に症状が進行することもあるので注意が必要です。細気管支炎の症状が現れた場合や、疑いがある場合はすぐに病院を受診しましょう。

細気管支炎の治療法

ウイルスが原因で起こることが多いので、その場合は対症療法になります。痰を出やすくする去痰剤や気管支を広げて呼吸を楽にする気管支拡張剤などを使用します。二次感染の予防や細菌感染の疑いがある場合は抗生物質を使用することもあります。赤ちゃんの場合は脱水症状を起こしやすく、急激に進行することがあるので入院治療になることもあります。

細気管支炎のホームケア

赤ちゃんと子供の病気 細気管支炎

赤ちゃんは細気管支炎になると脱水症状や呼吸困難を起こしやすく、急激に症状が進行することもあるので、入院になることが多いようです。
自宅で看護する場合は家の中で安静にして過ごします。体力を消耗しないように走り回ることは控えましょう。赤ちゃんはできる限り泣かせないようにします。咳がひどくならないように適度に加湿して、室温は一定に保つようにしましょう。

 

高熱があるときや食欲が低下しているときは脱水症状になりやすく、痰が切れにくいので水分補給をこまめにするようにしましょう。食事は消化の良い物で食べやすい物にします。お腹いっぱいに食べると咳が出やすくなり、せき込んだ時に吐いてしまうこともあるので、何回かに分けて与えるといいと思います。

 

お風呂は体力を消耗するので、熱が下がり元気が出るまでは避けましょう。オムツをしている場合はお風呂に入らないとかぶれやすいので、1日に1~2回程度お尻を洗ってあげましょう。とくに下痢をしているときはおしりふきであまりこすらないようにして、オムツをこまめに替えてあげましょう。

 

寝かせるときは頭を少し高くすると呼吸がしやすくなり、縦抱きをすると咳が楽になることもあります。急激に症状が悪化することもあるので、こまめに観察することが大切です。夜間や寝ている間も何度か様子を確認しましょう。細気管支炎が治った後も体力が落ち、免疫力も低下しているので注意しましょう。