鼻涙管閉塞の症状、治療方法、ホームケア

鼻涙管閉塞とは

鼻涙管閉塞

涙は泣いていないときでも涙腺と呼ばれる部分から常に分泌されていて、目を乾燥から守っています。普通、その涙は目頭辺りにある涙鼻管と呼ばれる管を通って鼻に流れていきますが、涙鼻管閉塞の場合はその管が詰まっているために、涙があふれて目の外に流れてしまいます。
先天性の場合は生まれたころから目やにが多くみられます。低月齢の場合は自然に開通したり、マッサージで治ることもあります。

鼻涙管閉塞の症状

鼻涙管閉塞涙鼻管が詰まっているので常に分泌されている涙が鼻に流れず、常に涙目の状態で目の外にあふれ出ます。涙嚢と呼ばれる部分に涙が溜まると細菌が繁殖しやすく、細菌に感染してしまうと目やにがたくさん出始めます。これを新生児涙嚢炎と言い、涙嚢の部分が腫れたり目頭を押すと目やにが出たりすることもあります。

鼻涙管閉塞の合併症

新生児涙嚢炎

鼻涙管閉塞の治療法

新生児涙嚢炎になっている場合は、鼻涙管に水を通したり抗生剤の入った目薬を使用して治療します。涙鼻管の閉塞は涙鼻管に何度か水を通し開通させたり、マッサージを行ったりしてしばらく様子を見て、治らないときはブジー針と言う細い針金を使い閉塞している部分を突き破る手術をします。赤ちゃんの年齢や医師によってはすぐにブジーを行うこともあります。説明をよく聞き相談して治療を行いましょう。

鼻涙管閉塞のホームケア

目やにやあふれ出た涙はガーゼなどで優しく拭き取り、常に清潔を保つようにしましょう。目やにが固まってしまった時は、濡れたガーゼなどで一度拭き、目やにがふやけてからとるようにしましょう。皮膚にはりついた目やにを爪などで無理矢理はがしたり、強くこすったりするのは止めましょう。

 

泣いていないときでも涙があふれていたり、目やにをとっても次から次に出てきたり、目頭を押すと目やにが出てくるなどの症状があるときは、一度眼科を受診してみましょう。マッサージを行うときは医師の指導のもと行うようにしましょう。