プール熱/咽頭結膜熱の症状、治療方法、ホームケア

プール熱/咽頭結膜熱とは

プール熱/咽頭結膜熱とはアデノウイルスに感染することで起こる病気です。感染者の便や目やに、唾が感染源となります。感染力が強くウイルスに汚染されたプールでの感染や室内での感染が多いので、幼稚園や学校で集団感染します。その他の感染経路は、飛沫感染や接触感染です。

 

小学生や園児に多い病気で、5歳以下の幼児がとくに多いです。赤ちゃんはプールに入る機会があまりないので、感染することは少ないですが、感染力が強いので兄弟が感染しているとうつってしまう可能性は高いです。潜伏期間は5~7日間です。夏に多くみられますが春や秋にも発生しています。

プール熱/咽頭結膜熱の症状

赤ちゃんと子供の病気 プール熱/咽頭結膜熱

急に39度程度の高熱が出るとともに、喉が赤く腫れ目が充血し目やにが出ます。目の症状は片方から始まりやがて両目に出ることが多く、涙が出る、眩しい、目が痛いまたは痒い、目やにでゴロゴロするなどの症状が3~5日程度続きます。赤ちゃんが発症すると結膜炎、咽頭炎、熱のどれかの症状が見られないこともあります。
熱は3~4日間続き、下痢、頭痛、腹痛、咳などのかぜと同じ症状も出ることもあります。

プール熱/咽頭結膜熱の合併症

アデノウイルスの血清が7型の場合、乳幼児や基礎疾患の有る人が感染すると、重症の肺炎などの重篤な症状になることがあります。

プール熱/咽頭結膜熱の治療法

特別な治療法はなく、対症療法になります。結膜炎は細菌の二次感染を予防するために抗生物質入りの目薬を使用することがあります。

プール熱/咽頭結膜熱のホームケア

かぜの時と同じように自宅で安静にして過ごします。アデノウイルスは感染力が強く、同じタオルを使ったり同じお風呂に入ると感染することがあります。同じタオルや食器、洗面器を使用しない、洗濯は別に洗う、お風呂は最後に入る、オムツ交換の後は手を石鹸でよく洗うなどを気をつけて、感染しないようにしましょう。症状が消えてから2~4週間は便の中にウイルスがいるので気をつけましょう。

 

熱が出ているときや熱がある時は温め過ぎないように、服や室温を調節しましょう。熱が出始める頃は悪寒がするので、その時は温めるようにしましょう。暑がる時や熱が高い時は頭や脇の下を冷やしてあげましょう。

 

喉が炎症を起こすので食欲が低下します。食べやすい物や食べられるものを食べて、少しでも栄養をとれるようにしましょう。脱水症にならないように、こまめな水分補給忘れないようにしましょう。

 

乾いた目やにを取るときはぬれたガーゼやティッシュで一度拭き、しばらくふやかしてから取るようにしましょう。目やにが付いたものはウイルスが付いているのですぐに捨てるようにしましょう。

 

お風呂は熱があるときや元気がない時は止めましょう。オムツをしている場合、お風呂に入らないとかぶれてしまうので、1日に1~2回お尻を洗ってあげましょう。洗った後も必ず石鹸で手を洗うようにしましょう。