おたふくかぜ/流行性耳下腺炎の症状、治療方法、ホームケア

おたふくかぜ/流行性耳下腺炎とは

おたふくかぜ/流行性耳下腺炎とはムンプスウイルスに感染することで起こる病気で、感染力は強く飛沫感染や接触感染でうつります。潜伏期間は2~3週間で、感染期間は耳の下が腫れてくる数日前から、発症後10日くらいです。

 

感染しても症状が出ないまま免疫ができる不顕性感染が多く全体の30~35%と言われています。2歳から9歳の子供が罹りやすく、1歳未満で感染すると不顕性感染になることが多いと言われています。一度罹るとほとんどの場合、二度罹ることははありません。大人になって罹ると症状が重くなることがあります。

おたふくかぜ/流行性耳下腺炎の症状

赤ちゃんと子供の病気 おたふくかぜ/流行性耳下腺炎

潜伏期間が過ぎると、耳の下辺りにある唾液腺(耳下腺)がウイルスによって炎症をおこし、腫れてきます。腫れた部分は少しかたく押すと痛いです。唾液腺が炎症を起こすので、耳下腺だけでなくあごの周りにある顎下腺や舌下腺が腫れることもあります。腫れは2~3日後にピークになり、症状がひどい時は痛みがかなりますので食欲が低下します。
 

片方の耳下腺が腫れて数日後にもう片方が腫れることが多いですが、片方だけで終わることもあります。腫れ始めた頃に熱も出ますが、40度以上になることはほとんどありません。熱が出ないこともあります。腫れや痛み、熱は3日~7日くらいで治まります。 なかなか熱が下がらないときや何度も吐くときは無菌性髄膜炎が疑われるので、すぐに病院を受診しましょう。

おたふくかぜ/流行性耳下腺炎の合併症

無菌性髄膜炎、難聴、睾丸炎・卵巣炎など
無菌性髄膜炎は症状が明らかな罹患者の約10%に見られます。
難聴の発生頻度は約1万5千人に一人と言われていますが、数百人に1人という報告もあります。
睾丸炎や卵巣炎は18歳以降に感染した場合起こりやすい合併症です。

おたふくかぜ/流行性耳下腺炎の治療法

特別な治療法はなく、対症療法になります。痛みや熱がひどい時は鎮痛剤や解熱剤を使用したり、腫れがひどい時は冷湿布をするか冷たいタオルなどで冷やします。

おたふくかぜ/流行性耳下腺炎のホームケア

赤ちゃんと子供の病気 感染症 おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

症状が軽くても自宅で安静にして過ごします。唾液腺が炎症をおこしているので、消化の良い物を食べさせましょう。痛みが強く食欲が低下した時は、食べやすい物や食べられるものだけを食べて、少しでも栄養が取れるようにして、脱水症にならないように、水分補給はこまめにしましょう。酸味のあるものは唾液腺を刺激するので避けましょう。飲み物はストローで飲むと、あまりあごを動かさなくて済むので飲みやすいです。 腫れは冷やすと楽になることもあります。

赤ちゃんと子供の病気 感染症 おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

難聴の合併症になっていないか確認するために、おたふくかぜに罹ってから数週間はできるだけ毎日、耳元で指をこすり小さな音を出して、聞こえているか確認しましょう。