おむつかぶれの症状、治療方法、ホームケア

おむつかぶれとは

長時間オムツにおしっこやウンチが付いたままにしていると、皮膚が炎症を起こしおむつかぶれになります。赤ちゃんは皮膚がデリケートなので、ちょっとした汚れや刺激ですぐにかぶれてしまいます。オムツの中が蒸れているときや、下痢が続いた時は特におむつかぶれになりやすいです。肌の弱い子や敏感な子は、オムツ自体の繊維刺激でかぶれてしまうこともあります。

おむつかぶれの症状

赤ちゃんと子供の病気 おむつかぶれ

お尻が赤くなったり、赤い小さな発疹ができたりただれてしまうこともあります。症状がひどい時はただれから出血することもあります。初期は痒み程度ですが、赤みが増し湿疹やただれが出るととても痛いので、赤ちゃんの機嫌が悪くなったり、おむつ替えやお風呂を嫌がるようになります。

おむつかぶれの治療法

オムツが汚れたらこまめに取り替えたり、お尻を1日に何度か洗いよく乾かしてからオムツをあてたりして、お尻を清潔に保ち蒸れないようにします。うんちをしたときはお尻をきれいに洗ってあげましょう。

 

症状がひどい時は市販のオムツかぶれ用の薬を使用したり、病院を受診して薬を処方してもらったりして、治療しましょう。

おむつかぶれのホームケア

赤ちゃんと子供の病気 おむつかぶれ

おむつかぶれになってしまうと、あっという間に悪化してしまうことが多いので、おむつかぶれにならないように日ごろから気を付けるようにしましょう。おむつかぶれになると赤ちゃんはとても痛いので、機嫌が悪くなってしまったり、抱っこをするときにお尻に手をあてると痛がって泣くこともあるので注意が必要です。
 

皮膚の敏感な子はオムツのメーカーによってかぶれてしまったり、繊維刺激や少しの蒸れでかぶれてしまうこともあるので、かぶれが頻繁に起こる場合はオムツのメーカーを変えたり、布オムツに変えてみましょう。

 

おむつかぶれを起こしているときのおむつ替えでは次のことを気をつけましょう。

  • おしっこやうんちをしたらすぐに取り替える
  • お尻を拭くときはゴシゴシこすらない
  • うんちの時はお尻を洗う
  • お尻が乾いてからオムツをつける

おむつかぶれが改善しない場合は、カンジダ菌と言うカビの一種に感染している可能性があります。カンジダ菌によるかぶれの場合は、抗菌薬を使用しないと治らないので病院を受診しましょう。 皮膚カンジダ症についてはこちら