乳糖不耐症の症状、治療方法、ホームケア

乳糖不耐症とは

牛乳に含まれる乳糖は、腸の中にあるラクターゼと呼ばれる消化酵素で、分解され体内に吸収されるのですが、乳糖不耐症とはラクターゼが不足し乳糖を分解できず下痢を起こしてしまう病気です。先天的な場合と後天的な場合があります。先天的な場合は生まれつきラクターゼが不足しているために起こります。後天性な場合の原因はウイルスや細菌に感染し胃腸炎をおこしラクターゼの分泌が減ってしまうために起こることが多いです。

 

赤ちゃんの時はラクターゼが多く分泌されますが、成長とともに量が減ってくるので、大人になってから牛乳を飲むと下痢をするようになる人もいます。

乳糖不耐症の症状

赤ちゃんと子供の病気 乳糖不耐症の症状

先天的な場合は出産後に母乳やミルクを与えてからずっと水様便が出て、お腹にガスがたまったり頻繁におならをします。乳糖が分解されず栄養が吸収できないので、だんだんと痩せていきます。先天的な場合は脱水症になったり発育が遅れてしまうこともあるので早期に対処する必要があります。下痢が続き体重が増えない時は病院を受診しましょう。
 

後天的な場合はウイルスや細菌に感染し、急性腸炎を起こした後に下痢が続きガスもたまります。 急性腸炎の後に下痢が長引くときは便を持って病院を受診しましょう。

乳糖不耐症の治療法

赤ちゃんと子供の病気 乳糖不耐症

離乳食が完了している場合や離乳食から十分栄養が摂取できる場合は、乳糖を含んでいる乳製品を与えないようにすると症状は改善します。
 

母乳やミルクからの栄養が必要な乳児は、乳糖の入っていないミルクを与えたり、乳糖を分解する酵素のラクターゼを与えたりします。後天的な場合はミルクを薄めて与えることもあります。ミルクの量や種類は必ず医師の指示に従うようにしましょう。

 

後天的な場合は一時的に不足しているだけなので、治療をしたり急性胃腸炎で弱った部分が回復すると治ります。

乳糖不耐症のホームケア

治療は医師の指示に従い行いましょう。症状が改善されない場合は受診するようにしましょう。
下痢が続きおしりにかぶれやただれができやすくなるので、オムツは下痢をするたびに交換しましょう。おしりふきで何度も擦ってしまうと悪化することがあるので、優しく拭くように心掛けたり、お湯で洗うようにしましょう。かぶれがひどい場合は薬を処方してもらいましょう。

 

下痢が続くと脱水症になりやすくなるので、こまめに水分を与えましょう。腸が弱っているので糖分の少ない物を与えるといいと思います。