泣き入りひきつけの症状、治療方法、ホームケア

泣き入りひきつけとは

泣き入りひきつけとは赤ちゃんが激しく泣いた時やとてもびっくりした時などに、息ができなくなり低酸素状態になりひきつけを起こすものです。赤ちゃんの脳は未熟なので低酸素になるとけいれんを起こしやすくなるのが原因と言われています。生後半年から5~6歳頃までの赤ちゃんに多くみられ、貧血があると起こしやすくなると言われています。

泣き入りひきつけの症状

激しく泣いているときに呼吸が止まり唇が爪が紫色になるチアノーゼや、顔や体の皮膚が青白くなり、その後痙攣をおこしたり意識が低下してぐったりします。ほとんどの場合けいれんや意識の低下は1分以内におさまり普通の呼吸に戻ります。

泣き入りひきつけの治療法

治療の必要はありませんが、貧血が見られる場合は鉄剤を服用することもあります。

泣き入りひきつけのホームケア

何度も繰り返す、発作の時間が長い、意識障害がみられるなどの場合は病院で診てもらいましょう。

 

ひきつけを起こしたら激しく揺さぶったり、叩いたりしないようにしましょう。静かに横に寝かせ時間を計ったりけいれんや意識の状態など、冷静にひきつけの状態を確認しましょう。長時間続く場合や意識が戻らないときはすぐに病院を受診しましょう。

 

泣き入りひきつけを起こしたことがある場合、激しく泣き始めたらあやしてひきつけを起こさないようにしましょう。泣かせるのが怖いからと甘やかしたり、わがままを聞きいれたり、過保護になり過ぎないように注意しましょう。