赤ちゃんの9~10ヶ月健診とは?【看護師が解説】

10ヶ月男の子 眠る 睡眠 お昼寝

生後10ヶ月になると、赤ちゃんの「体つきがひきしまってきた」「ハイハイなどによる身体の動きが活発になってきた」「好奇心が高まってきた」などの変化を感じているママも多いのではないでしょうか。

親としては、その成長ぶりが嬉しくもあり、不安なことも増えてくるものです。

この時期は、大人とのかかわりが赤ちゃんの発達を促す効果があります。

「親がどんなふうに赤ちゃんにかかわっていくことができるのか」ということも教えてくれます。

ここでは、10ヶ月健診でどんなことを診るのか、どんなことを把握しておけばいいのかなど、10ヶ月健診について詳しく説明しますね。

10ヶ月健診とは

赤ちゃんの健診は、赤ちゃんの健康増進を図ることを目的に、発育や栄養状態、病気の早期発見、予防接種をしているかどうかの確認など、様々なことを診ていきます。

他の乳幼児健診もありますので、10ヶ月健診がどういう位置づけで行われるのかをお話しましょう。

乳幼児健診の概要

「3ヶ月」「1歳6ヶ月「3歳」は、乳幼児の身体と心の発達上、重要な時期を捉えられており、乳幼児の定期健診とされ公費でまかなわれています。

これらは、地域の保健センターなどで行われています。

これらの他、母子健康手帳には、「1ヶ月」「6−7ヶ月」「9−10ヶ月」「1歳」「2歳」「4歳」「5歳」と任意の乳幼児健診のページがあります。

このうち、9−10ヶ月の時期が10ヶ月健診です。

任意の健診だからといって、重要ではないということはありません。

赤ちゃんの発育・発達の経過を確認する大切な機会です。

日頃の悩みや不安などの相談もできますし、流行っている病気の情報を聞くこともできます。

ぜひ、受けてくださいね。

10ヶ月健診

10ヶ月健診は、生後10月頃に受けるものです。

任意とされいて、費用は自治体によって自費で支払う場合と無料(自治体の助成あり)の場合があります。

場所は、保健センターや小児科などで行いますが、自治体によります。

市町村区のホームページや広報に案内が出ることも多いです。

赤ちゃんの健診のために、母子手帳と一緒にもらえる「乳幼児健康診査受診票」というものがあります。

自治体によって枚数が違いますので、利用時期を確認して使用しましょう。

なぜ10ヶ月なの

女性

なぜ10ヶ月で赤ちゃんの健診をするのでしょうか。

この時期の赤ちゃんの特長に合わせた大人のかかわりが重要だからです。

一つずつ見ていきましょう。

赤ちゃんの特長

  • 体つきがひきしまってくる
  • ハイハイや伝い歩きなどの動作ができるようになる
  • 指の細かな動きや左右の手で持ちかえることができる
  • 好奇心が高まる
  • 知能が発達して大人のまねをする
  • 人見知りが強くなる

これらの特徴をふまえて、次のようなかかわりが持てているかどうかを確認する意味があります。

遊ぶ

この時期は、赤ちゃんの身体や心の成長発達が目覚ましく、遊びによってその成長発達が促されます。

おもちゃを持ったり、動いたりすることによって、その身体の感覚は脳を刺激します。

赤ちゃんは、脳の中で様々な動きや感覚を統合しているのです。

でも、難しく考える必要はありません。

赤ちゃんと積極的に遊んだり、赤ちゃんが危なくないように動いても安全な環境を整えてあげたりするのです。

持ちやすいおもちゃや転がるおもちゃなどは、楽しんで遊べます。

お気に入りのおもちゃを使って一緒に遊んでみましょう。

話しかける

喃語の種類が増えてくる頃でもあります。

赤ちゃんは、色々な声色で発声しているのではないでしょうか。

喃語に反応して赤ちゃんに話しかけたり、気持ちを代弁するような言葉掛けをしたりして、言葉をたくさん聞かせてあげましょう。

歌を歌ったり、手遊びをしたりしてもいいですね。

赤ちゃんは、繰り返し言葉を聞くことによって脳にインプットし、話すまでどんどん言葉のもとをためていきます。

アウトプットできる(話せる)ようになる時期に、それが生きてくるのです。

他の人とのかかわり

好奇心が高まる反面、人見知りが強くなることもあります。

自分の身近にいる大人とそうでない人の見分けがついてくることによって、人見知りが強くなります。

でも、好奇心が勝ってしまうと、人見知りをしていないようにも感じるかもしれませんね。

赤ちゃんの興味があるものに触れさせてあげられるといいですね。

離乳完了へ向けた食事の進め方

生後10ヶ月頃の赤ちゃんは、1日3回食となっていることが多いです。

食事の回数や内容が順調に進んでいるか確認します。

遊び食べや手づかみなど、大人にとってはマナー違反でもこの頃の赤ちゃんにとっては大切な学習の時間です。

また、歯が何本か生える時期でもあります。

歯茎でつぶせる固さのものやみじん切り、煮潰したものを与えて消化に問題がないかどうか確認します。

離乳食に関する悩みは尽きないものです。

栄養士や保健師が対応していますので、相談できる良い機会になります。

規則正しい生活ができるようにかかわる

赤ちゃんが規則正しい生活を送れているかどうかの確認をします。

起きたり寝たりする時間、食事やおやつの時間、排泄の状況など、ある程度の時間帯が決まる時期です。

まだ不規則なことも多いかもしれませんが、親としてどうかかわっていけばいいのかを確認することができます。

健診内容

10ヶ月健診は、身体や心の発達状態を確認します。

詳しく説明しましょう。

体重

赤ちゃん用のスケールで、スケールの上に寝たり座ったりして、その時に応じて計ります。

身長

立てる赤ちゃんでも寝て測ることが多いです。

背中や足をできるだけまっすぐ伸ばして測るようにします。

頭囲

測る姿勢は、そのときに応じて色々です。

頭の一番大きいところをメジャーで測ります。

「頭を支えて下さい」と言われ、親が手伝う場合もあります。

胸囲

胸まわりを測ります。

このときも動いてしまうと測れないので、親が支えることがあります。

栄養状態

離乳食の回数や母乳、ミルクの回数と量などのを確認します。

特に栄養状態が悪くなければ、現状通りで大丈夫です。

離乳に向けて、時期に応じた食事内容を進めていきましょう。

口の中の診察

口の中の衛生状態や歯が生えているかどうか、口の中の病気がないかどうかなどを診察します。

歯の生え方には個人差があります。

この時期には、数本生えていることでしょう。

歯磨きをしているかどうかも確認します。

歯ブラシはまだ使えないことが多いので、食事の後にはお茶を飲ませるようにし、ガーゼなどで歯の表面を拭くだけでも構わないと指導されることが多いです。

目の診察

おもちゃやライトを使って目の動きに問題がないかどうかなどを診ていきます。

耳や鼻

耳や鼻もライトを当てて観察します。

身体全体

手足や体幹、股関節や性器、皮膚などの身体全体の診察もあります。

問診

ハイハイ、つかまり立ち、指の動き、一人遊び、呼びかけに振り向くかなどについても問診します。

まだハイハイやつかまり立ちをしていない赤ちゃんもいます。

心配な場合は、相談してみましょう。

パラシュート反射の確認

赤ちゃんの脇を両手で支えて、うつ伏せの状態で急に頭を下げるようにしたときに、両手を広げて身体をさせようとする動作のことをいいます。

とっさに転倒しかけても、両手を前に出して身を守ることができる動作の前段階です。

手足の動き

手や足の動きをおもちゃを使ったり、医師が触れたりして確認します。

予防接種の状況

必要な時期に必要な予防接種が終わっているかどうかを確認します。

事情があって受けていないものがあれば、この機会に受けておくといいですね。

1歳になったら受ける麻疹(はしか)などの予防接種の情報をもらえることもあります。

10ヶ月健診の準備

母子健康手帳の10ヶ月健診のページや、あらかじめもらっている問診票があれば、記入しておきます。

赤ちゃんの健診や受診は、赤ちゃんに気を取られてすぐに思い出せなかったり、聞きたかったことをうっかり忘れたりしてしまいます。

健診では、母子健康手帳の「保護者の記録」の他に、次のことを聞かれることがあります。

メモしておくと、すぐに答えることができますよ。

  • 1日の授乳の回数
  • 1日の食事の回数と時間
  • 1日の排泄回数
  • どんな遊びが好きか
  • 手足の動きで気になることはないか
  • 目の動きで気になることはないか
  • これまでかかった病気
  • 予防接種はどこまで終わっているか
  • その他、気になることや相談したいこと

10ヶ月健診に持っていくもの

当日に慌てないようにある程度は準備しておきましょう。

赤ちゃんもずいぶん大きくなっていますので、荷物は極力減らしたいですよね。

かわいいケースなどに分けるとかさばり、重くなりがちです。

ビニール袋やジッパータイプの袋に入れておくと軽くて便利です。

持ち物

  • 母子健康手帳
  • 問診票
  • おむつ
  • おしり拭き
  • 着替え一式
  • タオルやガーゼなど
  • ミルクの準備または授乳ケープ
  • 水やお茶

あったら便利なもの

  • 育児日記(質問についてすぐに調べられる)
  • おやつ(万が一ご機嫌が悪い時に)
  • お気に入りのおもちゃなど(待ち時間のお供に)

まとめ

乳幼児健診は1歳未満に集中しています。

それだけ1歳未満では、健診が大切だということです。

定期健診になっていなくても大事な10ヶ月健診です。

赤ちゃんの身体測定だけではなく、歯や栄養状態、身体や心の発達もチェックしてくれて、適切なアドバイスももらえます。

心配なことは、この機会に相談しておきましょう。

赤ちゃんのためにもぜひ10ヶ月健診を受けておいてくださいね。