赤ちゃんの3~4ヶ月健診のチェック項目

3ヶ月健診

赤ちゃんの3~4ヶ月健診のチェックポイント

3~4ヶ月健診で一番のポイントは、首すわりと股関節脱臼がないかのチェックです。
首すわりはこの時期に完璧にできていないと問題があるというわけではなく、すわっていなくてもしっかりしてきているかを確認します。

股関節脱臼は1ヶ月の頃より3ヶ月頃の方が診断しやすいので、1ヶ月健診で異常がないと診断されても、3~4ヶ月健診で股関節脱臼や脱臼の疑いありと診断されることもあります。

早期に治療することで治る可能性が高くなります。
医師は一つの発達で成長を判断しているのではなく、一つ発達が遅くてもその他の発達や体重の増えや健康状態などを合わせて、赤ちゃんの成長具合を診ています。

ですから、発達の遅いものがあっても問題なく終わることもあります。
3~4ヶ月健診は各市町村の保健センターで集団でおこなわれることが多く、同時にBCGワクチンの接種や離乳食の栄養指導が行われることもあります。

3~4ヶ月健診のチェック項目

3〜4ヶ月

身体測定

身長

3ヶ月頃も赤ちゃん用の測定器で測ります。1ヶ月健診の頃に比べると、足や背中がまっすぐになりやすいので、誤差も減ります。仰向けになり少し押さえつけられるので、泣く赤ちゃんは多いです。

体重

赤ちゃん専用のスケールや落ちないようにかごなどが付けられた体重計で測定します。増え方に個人差がありますが、生まれた時の2倍くらいが目安です。目安より増えが少なくても、医師から指導がなければ大丈夫です。

頭囲・胸囲

頭の一番大きい部分と胸周りをメジャーで測ります。寝た状態で測るので少し誤差が出やすいです。頭囲は頭の病気の発見にも役立ちます。標準のサイズ範囲より3センチ以上小さいまたは大きい場合は要注意と言われています。

全身のチェック

3〜4ヶ月男の子

頭部
大泉門の開き具合や状態を確認します。大泉門の状態で病気が発見できることもあります。3ヶ月頃もまだくっつかず開いています。
口腔内
口の中に病気や異常がないかを確認します。カビが生えていないかもチェックします。
聴診
心臓の音を聞き病気ではないかをチェックします。心雑音が聞こえると心臓の病気が見つかることもあります。腸や呼吸の音も聞き異常がないかチェックします。
視力・目
目が見えているか目の病気がないか確認します。ペンライトやおもちゃを使って動きを確認します。
股関節、足
股関節の開き具合や膝の高さを確認して、股関節脱臼がないかチェックします。1ヶ月の頃より股関節脱臼の有無の判断がしやすくなります。
体全体
皮膚や黄疸の有無、体が硬すぎないか柔らかすぎないかをチェックします。
その他には、視力や聴力の検査、お腹を触診し異常がないかなどをチェックします。

発達のチェック

3〜4ヶ月男の子

首すわり
赤ちゃんの定期健診 1歳半(1歳6ヶ月)健診寝ている赤ちゃんの両手を持って引き起こし頭が付いてくるかを見たり、うつ伏せにさせて頭が持ち上がるかなどをみて、首の様子をチェックします。
あやすと笑うか
脳や心の発達が順調かを確認します。健診はいつも雰囲気が違い、あやしても笑わないことが多いので普段の様子を問診の時に聞かれることもあります。

問診

赤ちゃんの栄養状況(母乳やミルクの量や回数など)、生活リズム、便やおしっこの様子、音に対する反応や目の動きなど普段の様子などをチェックします。発育や体について悩みごとがあるときはこの時に質問しましょう。

栄養チェックと保健指導

母乳の回数やミルクの量、その他に飲んでいるもの、栄養が足りているかチェックします.。これから始まる離乳食についての指導があります。今までの生活についてや、これからの生活で注意することや、予防接種についての説明があることも。生活についての悩みごとがあれば相談をしましょう。