3歳児の心と体の成長や反抗期【看護師が解説】

3歳男の子 お絵かき

赤ちゃんだった我が子が3歳にもなると、「成長したな」と思う場面も増え、喜びもありますね。

3歳前後は、自我の芽生えや言葉の発達、しつけなど様々なことが気になる年代でもあります。

ここでは、3歳の子どもの身体的な発育、精神的な発育、反抗期、しつけなどについてお話しします。

3歳児の体型

女性

3歳児の体型は、厚生労働省の平成22年乳幼児身体発育調査によると、おおよそ次のような体型です。

しかし、出生時体重によって成長具合が違うことや個人差がありますので、この数字に当てはまっていなくても、成長曲線に沿ってこの赤ちゃんなりに増えていれば問題ありません。

心配な時には、医師に相談しましょう。

男の子の身長・体重

  • 身長:88.8cm~101.8cm
  • 体重:11.72kg~17.43kg

女の子の身長・体重

  • 身長:87.7cm~100.6cm
  • 体重:11.04kg~16.76kg

食事の変化

3歳頃になると、たくさん食べる子ども、あまり食べない子どもというように、食生活に変化が見えてくるかもしれません。

3歳になると、そろそろ食事のマナーや偏食にも注意が必要な時期です。

欲しがるものを欲しがるだけあげていると、今後もその習慣が続き、かたよった栄養や食生活になることも考えられます。

おやつも、たくさんあげ過ぎたり、塩分や糖分が多いお菓子を与えると、肥満体型になることもあります。

素材の味を活かした薄味で、味付けすることを心がけていきましょう。

一旦、濃い味のものに慣れてしまうと、薄味では物足りなくなってきます。

幼児期から、そうならないように工夫してみましょう。

3歳児の体の発達

3歳児の身体の発達は、めざましく、全身をダイナミックに動かすことができるようになります。

反対に、細かい手の動きもできるようになるんですよ。

運動能力

運動機能も発達し、活発な動きができるようになります。

全身を使って、走ったり、登ったりなどができます。

2、3秒ほど片足立ちができるようになります。

手先の器用さ

手先を器用に使って、ハサミで紙を切ったり、貼ったりなどもできるようになります。

クレヨンなどで円を書くことも可能になってきます。

手先の力も強くなり、今まで開けられなかったものが開けられるようになります。

3歳児の心の発達

3歳児の言葉や知能などは、どの程度のものでしょうか。

これまでの経験をもとに、言葉のやりとりができるようになったり、人のまねをすることができるようなったりして、様々なスキルが身についてくる頃です。

言葉

自分の名前が言えるようになったり、「おはよう」「ありがとう」などの挨拶の言葉も言えるようになっています。

1−2歳の頃から考えるとずいぶんと話せるようになっていますね。

簡単な受け答えもできる子どもが多いです。

たとえば、「いくつ?」「3歳です」や「お父さんどこにいったの?」という問いかけにも答えが返ってくる頻度が増してきます。

知能

自分の名前が言えるようになったり、「どうして?」など、色々なことに興味を示します。

聞かれたら、わかりやすく教えてあげましょう。

他人のしぐさなどをまねすることもでき、話をするのも上手になりますね。

これまでよりも、我慢することもできるようになりますが、まだ駄々をこねることもあります。

なぐさめてもらうと気持ちが落ち着きますので、「よしよし」と抱きしめてあげたり、「やりたかったのね」などと共感してあげられるといいですね。

できること

3歳になると、自分で服を脱いだり、ボタンをはめたりすることができるようになります。

また、同じくらいの年齢の子どもと遊んだり、おしゃべりをすることができます。

だんだんとできることが増えてきます。

様々なことに興味を示し、嫌なことには意思表示もします。

ここでは、いたずらや排泄、歯磨きなど、3歳の特徴についてもお話ししましょう。

いたずら

この頃のいたずらは、悪意はありません。

「これ、なにかな」「さわるとどんなかな」「なげたらどうなるのかな」など、「興味や好奇心でやってしまう」ものが多いのです。

危険でなければ、学習の一環として考えていきましょう。

危険があれば、きちんと繰り返し教えます。

また、触ってほしくないものなどは、目につかない場所、手が届かない場所に置くようにしましょう。

見えてしまうとつい触ってしまいたくなりますよね。

トイレトレーニング

「3歳には、トイレトレーニングを始めないと!」と思っている親御さんは多いと思います。
もしかしたら、それ以前から必要性を感じているかもしれませんね。

「排泄はトイレでしようね」と根気よくトイレに連れて行って、トレーニングすることでしょう。

でも、無理強いしてはいけません。

「トイレで排泄すると気持ちいいね」と教えていきますが、イヤイヤやるとよけいにやりたくなくなります。

あせらず、急かさず、子どもの様子をみて進めましょう。

歯磨き

歯磨きはまだ一人ではできないので、大人がする必要がありますね。

日本小児歯科学会は、赤ちゃんに乳歯が生えた頃から歯磨きを始め、徐々に習慣化していくように提言しています。

1 歳 6 か月児歯科健診では、全国的にむし歯は少ないのですが、3 歳児になると急激に増加していきます。

平成25年の歯科健診の虫歯有病率データを見ますと、1歳6ヶ月の子どもでは5%に満たない虫歯率が、3歳児になりますと20%近くになります。(参考文献1)

しっかりと歯磨きをしていく必要がありますね。

反抗期

3歳頃にある反抗期は、「自我の芽生え」とも言われており、非常に大切なものです。

何でも「イヤイヤ」「じぶんで(やる)」と言ってきかなくなり、親は大変な思いをすることが多いです。

でも、自分の考えを表現し、実行していると捉えて、前向きに考えましょう。

イヤイヤ期

3歳前後は、イヤイヤ期とも言われ、何でもいやだといって反抗する態度を見せることが多くなります。

これは、子どもなりに自我の発達を遂げているのです。

他者とは違う自分を認識して、「自分はこうしたい」と、自分の意思を持ち認識しているのです。

これだけ聞くと、「なるほど」と思いますよね。

実際には、これをかんしゃくを起こしたみたいに、泣きわめいたり、暴れたりしその気持ちを表します。

言葉でうまく説明できないので、駄々をこねているように見えるのです。

そうなると親は本当に困ってしまい、手のつけようがありません。

危険がなく、他人への迷惑でもなく、許容範囲であれば、受け入れて様子を見るのも一つです。

何でもだめだめだと、大人でもいやになってしまいますね。

叱り方

叱り方は、何歳になっても気を遣いますね。

大切なのは、「なぜそれがいけないか」を、「その場で」「わかりやすく説明してあげる」ことです。

後になって、「あのときは・・・」と言っても、実感がわかず、理解ができません。

親も人間なので、感情的になる場合もあります。

感情的になって怒ってしまうのと、叱ることは別です。

大変難しいですが、子どものことを想って、行動を正す気持ちで、その都度言い聞かせることです。

感情的になってしまったと思ったら、子どもに謝って下さい。

「一人の人間として尊重している」という態度を示すと、子どもはそれを感じ取ります。

親も完璧ではありません。

親としての成長途中なんですよ。

遊び方

運動機能も発達し、ダイナミックな動きができるようになります。

全身を使って、走ったり、登ったりなどができます。

また、ごっこ遊びや手先を動かす遊びなどもできるようになり、遊びの幅も広がってきます。

砂遊びや三輪車に乗る、お絵かき、絵本を読むなどの遊びは、とても喜んでするでしょう。

好きな遊びを存分に楽しめる環境があるといいですね。

ママの大変な部分

活動的にもなり、言葉も達者になりつつある3歳のママさん方、毎日お疲れ様です。

子育てをしていると、自分が休めなかったり、リフレッシュできなくても仕方ない、「みんなもそうだ」と諦めてしまいがちです。

子どものことや家事など、やらなければならないことが山積みですよね。

でも、「自分をいたわること」も大切なんですよ。

自分が元気でないと、人の世話はできません。

息抜き方法

ママができる身近な息抜き方法をご紹介しますね。

  • 子どもが寝た後、映画やドラマを見る
  • 趣味のことをする
  • ぼーっとする
  • 好きなスイーツを食べる
  • 家族に子どもを連れ出してもらい、自分は一人の時間を楽しむ

「ママが人に子どもの預けて一人を楽しむなんて!」と思わないで下さいね。

短い時間でも子どもと離れる時間があると、それだけでもリフレッシュした気分になります。

なぜかというと、その時間は子どもに合わせて行動しなくてもよく、自分のしたいようにできる時間だからです。

これが必要なんですよ。

罪悪感を感じないで、可能ならやってみてくださいね。

まとめ

3歳児について詳しくご説明しましたが、いかがでしたか?

3歳にもなると、たくさんのことができるようになりますね。

でも、まだまだ子どもです。

生活習慣や危険なことなどは、繰り返し教えて行く必要があるんです。

親も根気が必要ですよね。

これからも子どもの成長を見守りながら、子育てを楽しめるといいですね。

参考文献

1. 厚生労働省 平成22年乳幼児身体発育調査 調査結果の概要

2.日本小児歯科学会「これからの小児歯科医療のあり方について」