生後12ヶ月の赤ちゃんの育て方ポイントは?【正看護師が解説】

1歳男の子

誕生日を迎える12ヶ月になると、赤ちゃんから幼児に移り変わる時期です。

眠っているか泣いているかだけだった赤ちゃんの頃と比べて、活発になりいろいろなことができるようになっています。

成長や生活リズムにもさまざまな変化がでてきます。

そこで今回は12ヶ月頃の赤ちゃんの成長や、生活パターンについて詳しく紹介していきたいと思います。

12ヶ月の赤ちゃんの成長

12ヶ月頃の赤ちゃんは、どういう成長をとげているでしょうか。体型や遊び、運動能力などについて紹介していきます。

体型

厚生労働省のH22年の成長曲線をみると、この時期の

男児で

  • 体重が7.68kg~11.04kg
  • 身長70.3cm~79.6cm

女児では

  • 体重7.16kg~10.48kg
  • 身長68.3cm~77.8cm

となっています。

個人差はありますが、出生時の体重から大体3倍くらい、身長は1.5倍くらいになっています。

ぽっちゃりと赤ちゃんらしかった体型から、徐々に幼児らしくすっきりとした顔と体型になってきます。

遊び

指先が器用に動くようになり、手を使った細かい遊びができるようになってきます。

絵本のページをめくってみたり、積み木をつかんで重ねられるようになったり、ボールをもてるようになったり、クレヨンを持たせるとなぐり書きができるようにもなってきます。

シールをはがして持たせると、貼って遊びます。また音楽を流すと、からだを楽しそうに動かしたりするようにもなります。

運動能力

12ヶ月になると一人で立てるようになってきます。

早い子だとひとり歩きができるようにもなってきます。

ボールをもって両手で投げられるようになったり、まだ立てない子もハイハイがとても速くなって運動量が増えます。

しかし、子供の成長には個人差があるので、他の子供と比べずにその子の成長のペースを見守ってあげることが大切になってきます。

知能(言葉)

少しずつ意味のある言葉を発するようになります。

「ぱぱ」「まま」「ぶーぶー」など一語文がでてくる頃です。親の言っている言葉をまねするようになります。

また言葉がまだ発せなくても、意味を理解している時期になります。

ママやパパは子供が言葉を発せられるように、言葉かけをしながら、接するように心がけていきましょう。

そうしていくうちに、赤ちゃんが自ら意思を伝えたいという気持ちが育っていきます。

発声には唇や舌の動きが重要になってきます。離乳食が進んでいくうちに、口の力も同時に鍛えられていき、発声の機能も上達していきます。

12ヶ月の赤ちゃんの外出の注意点

2歳 1歳 公園 遊ぶ 外出

12ヶ月の赤ちゃんとの外出は、ずっと抱っこしてた頃の赤ちゃんとはまた違って注意が必要です。

注意するポイントについて紹介していきます。

行動範囲が増えているための注意点

12ヶ月の赤ちゃんは、とても活発になってきます。

歩ける子は興味のあるものに、どんどん歩いていって行ってしまいます。

興味があるものしか赤ちゃんは見えていないので、周りに危険なものがないか、親は注意しないといけません。

突然道路に飛び出すことがないように、手をしっかりつないで歩いたり、交通量が多い所は、ベビーカーを使用するなど配慮をしましょう。

また、まだ足元がおぼつかないので、よくつまづいて転んでしまうこともあります。

赤ちゃんが転んでも大きな怪我につながらないように、ごつごつした場所は避け、平たんな道を歩かせるなど工夫をしましょう。

季節ごとの服装の注意点

この頃の赤ちゃんはとても活発なのと、代謝が良いため汗をかきやすいです。

すぐに一枚脱げるようにしておくことがベストです。

特に夏はすぐに服が汗でびっしょりになってしまうので、どこに行くにも、予備の洋服を持ち歩き、着替えられるように準備をしておきましょう。

冬場は室内に入ると、暑くて汗をかいてしまう場合もあるので、コートの下は薄目の格好などにしておくなど工夫しましょう。

大人と比べて赤ちゃんの体温は高く、また代謝がいいので、大人が着る服のマイナス1枚くらいがちょうどよいと言われています。

12ヶ月の赤ちゃんの食生活

1歳女の子 食事

12ヶ月の頃の赤ちゃんは離乳食が終わる時期になります。具体的な食事内容や回数について説明していきます。

離乳食

12ヶ月の頃の赤ちゃんの離乳食は1日3回食になり、大人と同じようなリズムになります。

この頃は完了期といって、離乳食から大人と同じような食事内容に移行していく時期です。

大人の食材より、少し小さめに野菜や肉をカットして、柔らかくなるまで煮込みます。

歯の生えそろい方は個人差がありますが、この頃の時期だと食材は指でつぶれるくらいの柔らかさにします。

赤ちゃんの好き嫌いや食べムラも出てくるので、一進一退の場合もあるので、その子のペースに合わせていきましょう。

離乳食では足りないエネルギーの分はおやつや果物、牛乳からとれるようにしていきましょう。

母乳やミルクは

ミルクや母乳は離乳食がきちんとたべられていれば、なくしてもいいですが、赤ちゃんが精神安定剤として母乳を欲しがる場合は無理にやめさせるのではなく、子供がほしいままにあげてもかまいません。

母乳ばかり欲しがる場合は、夜だけ授乳するなど決めて離乳食を進めていってください。

まだあげるのは早い食材や味付けについて

大人と同じような食材が食べられるようになっても、まだ控えたい食材や味付けがあります。

まず塩分は控えて薄味を心がけましょう。

この頃から味の濃い食事を覚えてしまうと、大人になっても塩分過多の食生活になりやすいです。

そうすると今後腎臓や心臓、血圧にも悪影響がでてきます。この頃は大人が食べて薄いかなと思うくらいの塩分に調整しましょう。

また、辛いものやスパイスなどは、まだ消化管が未発達な子供にとっては刺激になるので、控えていきましょう。

アレルギー

6か月頃から離乳食を初めて、アレルギーがでた場合は慎重に離乳食をすすめていったと思います。

12ヶ月をすぎると、新たにアレルギーが見つかることは少なくなります。

徐々にアレルギーのものを食べさせたりしていきますが、医師と相談しながらすすめていってください。

12ヶ月の赤ちゃんの生活リズム

1歳男の子

新生児の頃はほとんど寝ていましたが、12ヶ月の赤ちゃんの生活リズムはどのようになっているのでしょうか。

詳しく説明していきます。

排泄オムツの替え方

1歳頃になると、おむつもパンツタイプのものに代わっています。

今までは仰向けになり変えていた赤ちゃんも、1歳頃になると交換中に動き出してしまう子もいます。

そのため、つかまり立ちができる赤ちゃんの場合は、テーブルなどにつかまらせながらおむつ交換ができるようになります。

睡眠時間

この頃になると、生活リズムが安定してきて、昼寝が1回、夜はぐっすり眠る赤ちゃんが増えてきます。

睡眠時間は11時間ほどになります。授乳している場合は、まだ3時間ごとに起きてしまう赤ちゃんもいますが、基本的には安定してきます。

お風呂

お風呂も大人と一緒に入ります。

赤ちゃんによっては、お風呂嫌いな子もいますが、お風呂におもちゃを用意しておけば楽しく遊びながら入ってくれます。

ただし大人がちょうどいいと思う湯温だと赤ちゃんには熱いと感じることがあります。

なるべく赤ちゃんに合わせて40度程に設定をしましょう。

夜泣き

夜泣きは生後3か月頃から始まり、1歳半頃にはおさまることが多いです。

そのため12ヶ月頃には、多くの赤ちゃんは夜泣きが落ち着いている場合が多いです。

しかし治まっていた夜泣きが、また激しくなるケースもあります。

抱っこしてものけぞってしまい、何をしても泣き止まない時もあります。

具合が悪くなければ、室温や衣服を快適にして、泣き止むのを背中をさすったりとんとんしながら待ちましょう。

つい泣き止まないと、イライラしてしまいがちですが、そういう時もあると考えて、落ち着いて対処しましょう。

子供によっては、お茶やお水を飲んだり、お気に入りの毛布やタオルがあると、落ち着いて寝てくれる場合もあります。

12ヶ月の赤ちゃんの体調

赤ちゃんが順調に育っているか、自分だけではわからないこともあります。

多くの自治体では、1歳児健診などが行われているので、そこでみてもらうことができます。

1歳児健診での検診項目

1歳児健診では、身長、体重、胸囲、頭囲の測定から、聴診、触診が行われます。

そしてつかまり立ちができるか、離乳食の進み具合はどうか、乳歯の生え方、言葉の進み具合などがチェックされます。

個人差の大きい時期なので、言葉が出ていなかったり、つかまり立ちができていないからといっても、さほど心配する必要はありません。

多くの場合は、長い目で様子を見ていくことが多いです。

保健師や医師と相談できる場なので、何か気になることがあれば、相談することもできます。

予防接種

生後2か月から順調に予防接種を受けていれば8ヶ月頃には、いったん落ち着いています。

それが1歳になるとまた予防接種が再開されます。

1歳の誕生日を迎えたら、MR(麻疹・風疹)、水痘、おたふくかぜ(任意)、などの予防接種が必要になってきます。特に麻疹は感染力が強く、早めの接種が推奨されています。

MR、水痘、おたふくかぜは同時接種できるので、1歳の誕生日になったらすぐ受けられるように予定を立てておきましょう。

まとめ

12ヶ月頃の赤ちゃんは、赤ちゃんらしかったのが徐々に言葉を発し、伝い歩きが始まり、離乳食が終わり幼児に移行する時期です。

できることが増えて、表情が豊かになり、成長目覚ましいときでもあります。

どんどん大きくなっていく子供の成長を見守りながら、子育てを楽しんでいきましょう。