生後1ヶ月の赤ちゃんの成長や生活リズムをご紹介【看護師が解説】

1ヶ月女の子

生後1ヶ月半たになって、パパとママは、赤ちゃんのお世話にやっと慣れてきた頃ではないでしょうか。

この頃の赤ちゃんは、生まれたときとは違って、体重も1キロ近く増え、ほっぺがふっくらとしてくる頃です。

でも、まだ生活リズムが整っておらず、ちょっと心配になっている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、1ヶ月半の赤ちゃんの成長の様子や生活リズム、赤ちゃんとのお出かけ、1ヶ月健診についてご紹介します。

1ヶ月半の赤ちゃんの成長

1ヶ月女の子

1ヶ月半の赤ちゃんはどんな様子なのでしょうか。

体型や好きな遊び、表情などについてお話しましょう。

体型

1ヶ月半の赤ちゃんは、生まれた時の体重よりもおおよそ1キロほど増えて、全体的にふっくらとしてきます。

手足や首の筋肉も少しずつ発達してきています。

生後1ヶ月半頃の赤ちゃんは、厚生労働省の平成22年乳幼児身体発育調査によると、おおよそ次のような体型です。

赤ちゃんの体型には、個人差があります。

各月齢の身長や体重の数字に当てはまっていなくても、成長曲線に沿ってこの赤ちゃんなりに増えていれば問題ありません。

男の子

身長 50.9~59.6cm
体重 3.53~5.96kg

女の子

身長 50.0~58.4cm
体重 3.39~5.54kg

遊び

赤ちゃんの足を手で軽く押して、キック遊びをする、手や足、背中などを触ったりさすったりすると気持ち良さそうにします。

歌を歌ったり、話しかけたりするのも良いですね。

赤ちゃんは、おなかの中で外の音を聞いています。

家族の声は、とても心地よく聞こえるのですよ。

表情

表情はあまり見て取れないかもしれませんが、起きているときは目を開けて、まだ焦点が合わない視線でぼんやり何かを眺めている様子が見られます。

30−40cm程の距離は、ぼんやりと見えています。

これは、赤ちゃんを抱っこしているとき、赤ちゃんと抱っこしている人の顔の距離です。

赤ちゃんには、人の顔を認識できる能力がありますので、ママや他の家族の顔をじっと見る様子が分かるでしょう。

1ヶ月半の赤ちゃんの外出の注意点

生後1ヶ月半の赤ちゃんとのお出かけは何かと気を遣いますよね。

どんなことに気をつけれな良いのかをご説明しましょう。

お出かけの時間

この頃の赤ちゃんは、まだ生活リズムが整っていないことも多いものです。

赤ちゃんの機嫌を見て、おでかけすると良いと思います。

でも、1ヶ月健診など、時間が指定されていることもありますよね。

予約の時間から、自分の準備と赤ちゃんの準備にどれくらいかかるのかを逆算してみましょう。

ここで気をつけてほしいのが、授乳と排泄が途中で入ることも珍しくないということです。

出かける直前になって、「赤ちゃんが泣き出した!」「うんちがもれそう。。。」などということは、よくある話です。

その時間も計算に入れておきましょう。

服装

1ヶ月男の子 おしゃぶり

赤ちゃんの服装

赤ちゃんの服装は季節によって変わります。

寒いときには、防寒できるようにおくるみでくるんだり、上着を着せたり工夫して下さいね。

忘れがちなのは、足もとです。

長い洋服を着せているので、靴下などの足の防寒をうっかり忘れてしまうことがあります。

暑いときには、汗をかいてもいいように着替えを持っていくといいですね。

もちろん寒いときにも、おしっこがもれたり吐いたりして、洋服が汚れることがありますので、着替えがあると便利です。

ママの服装

ママの服装は、授乳するかもしれないと考えて、母乳をあげている方は授乳服を着て行くといいですね。

ミルクの方も万が一、赤ちゃんが落ち着かないときに、おっぱいを含ませてあげられるように授乳服だと便利かもしれません。

動きやすく、シンプルな服装が良いと思います。

アクセサリーを付けていると、抱っこしたときに赤ちゃんに当たったり、破損したりする可能性があります。

また、抱っこ紐でお出かけする場合、ヒールの高い靴をはいていると危険です。

足元が見えにくいですし、赤ちゃんに気を取られて、つまずいてしまうかもしれません。

低いヒールの靴や、慣れている履き物で出掛けましょう。

持ち物

病院に行くのではなくても、念の為に母子健康手帳と保険証や乳幼児医療症などまとめて持っていくと、出先な何かあった時でも慌てずにすみます。

どれくらいの時間出かけるかにも違ってきますが、自分の物以外に下記のものが必要になるでしょう。

  • 母子健康手帳・保険証・乳幼児医療証
  • おむつとおしりふき(おしりふきは小さいポケットティッシュタイプのものが軽くて便利です)
  • おむつ変えシートとビニール袋(シートは重くなるようなら、ビニール袋で代用可能です)
  • 着替え1式
  • ミルクとお湯・水(ある程度冷ましたお湯を魔法瓶に入れていくと冷ます手間が省けます)
  • 母乳瓶(プラスチックものだと安全で軽いです)
  • タオルやガーゼハンカチ
  • お気に入りのおもちゃ
  • おくるみなど

荷物が重いと本当に大変です。

できる限り軽量にするために、色々なケースは持って行かず、ジッパー付きの袋などにまとめると見やすく、バラバラになりにくいですよ。

リュックやショルダーバッグなどはお好みで。

1ヶ月半の赤ちゃんの生活リズム

1ヶ月半の赤ちゃんの生活リズムはどのようになっているのでしょうか。

授乳や排泄、睡眠などについて見てみましょう。

ミルクの量や間隔

個人差がありますが、母乳だけの場合は、1日8回〜10数回という授乳も珍しくありません。

生後3ヶ月頃には、飲める量も増えて、授乳の間隔も自然に落ち着いてくるでしょう。

ママは、栄養を充分に摂って母乳をあげ続けて下さい。

ミルクの場合でも、赤ちゃんの様子に応じて授乳しましょう。

排泄、オムツの替え方

おしっこやうんちも順調に出ていれば、問題ありません。

うんちは、まだ肛門の括約筋ができ上がっていないために、ちょっとずつ出ることが多いでしょう。

また、暑い季節には、おむつかぶれができることがあります。

女の子も男の子もおしっこだけのときでも、きれいに拭いてすっきりとさせてあげましょう。

睡眠時間

眠ったり起きたりしていた新生児期と比べて、少しずつ起きている時間が長くなってきます。

でも、多くの赤ちゃんがしょっちゅう夜に目を覚ましますし、昼夜が逆転してしまう赤ちゃんもいます。

親は寝不足になってしまいますが、もう少しのしんぼうです。

お風呂

お風呂にも慣れて、気持ち良さそうな表情をしていることも多いでしょう。

生後1ヶ月を過ぎたら、大人の湯船に入っても大丈夫です。

きれいなお湯の一番風呂に入れてあげましょう。

1ヶ月半の赤ちゃんの体調

1ヶ月半の赤ちゃんの体調や生後1ヶ月健診についてご説明します。

1ヶ月半の赤ちゃんの体調

この頃の赤ちゃんは、胎盤と母乳から免疫をもらっており、それが働いています。

ですが、全ての病気に抵抗力を発揮するわけではありません。

風邪をひいたり、熱を出したりする赤ちゃんもいます。

お出かけもできる時期ですが、人混みや暑い場所、寒い場所に長時間いるのは避けた方が良いでしょう。

赤ちゃんの1ヶ月健診

赤ちゃんの身長、体重、胸囲、頭囲を測ります。

退院後、または出生時からどれくらいの体重増加があるのかをチェックします。

母乳やミルクを1日に何回くらい授乳しているかも聞かれますし、便や尿の回数もおおよそ何回くらい出ているかという質問もあることが多いです。

便の色については、母子健康手帳の中の1ヶ月健診のページ近くに、「便の色に注意しましょう」とカラーで紹介されています。

心配な色の便が出た場合、医師に相談しましょう。

写真に撮っておくとわかりやすいですね。

赤ちゃんのお世話で忙しいと思いますが、大体の回数を把握する意味で、毎日の排泄回数、授乳回数をチェックしておくといいでしょう。

1ヶ月半のママの体調

ママの体調や産後1ヶ月健診についてお話しましょう。

ママの体調

産後1ヶ月半頃に、悪露もなくなり、ようやく子宮が元の大きさに戻ります。

寝不足だったり疲れやすかったりしますが、普段の生活に戻っても大丈夫です。

でも、まだ免疫力が低い時期です。

風邪を引きやすかったり、体調を崩すこともありますので、無理せずに。

長引く前に早めに対処したほうがいいですね。

授乳中であることを伝えてもらった薬は、飲めますよ。

慣れない育児や寝不足などで、精神的につらいと感じる方もいらっしゃいます。

自分一人で抱え込まずに、家族の方に助けてもらいましょう。

家族の支援が難しい場合、自治体が家事や育児に関する産後のサポートを行っています。

市役所や保健センターに連絡してみましょう。

ママの1ヶ月健診

血圧、体重、尿検査など、妊婦健診で行っていた項目を一通りチェックします。

その後、医師の診察があり、子宮の中もエコーでチェックします。

授乳のことや、赤ちゃんのお世話に関する相談を受け付けている病院もあります。

「産後うつ」というママの心の変化についての確認もあります。

これは、誰もがなりうるものです。

心がしんどいと感じるときには、信頼できる人に相談してみましょう。

特に問題がなければ、この1ヶ月健診でこの妊娠での健診が終わります。

まとめ

1ヶ月半頃の赤ちゃんの様子について、詳しくお話致しました。

赤ちゃんには、すでに個性が現れているものです。

あまり他の赤ちゃんと比べずに、この赤ちゃんの成長発達を見守ってあげられるといいですね。

ママやパパも、やっと赤ちゃんのお世話に関して、一通りのことを把握できた感じではないでしょうか。

完璧な親はいません。

赤ちゃんが毎日、安全に心地よく過ごせるようにお世話をしてあげましょう。

ママもパパも月齢1ヶ月半なんです。

赤ちゃんと一緒に成長するつもりで、無理なく過ごしてくださいね。

人の手を借りることを躊躇しないで下さい。

周りのみんなの助けを借りて赤ちゃんを育てていきましょう。

参考文献
1. 厚生労働省 平成22年乳幼児身体発育調査 調査結果の概要