赤ちゃんのおしゃぶり、指しゃぶりは歯・歯並び影響にする?【歯科医が解説】

指しゃぶり

赤ちゃんが、おしゃぶりを必死になってしゃぶっている光景ってとてもかわいいものがありますよね。

けれども、そのおしゃぶりをしゃぶる癖や、おしゃぶりの代わりに指をしゃぶる癖が、大きくなってからも続くようなら歯並びに困ったことが起こります。

おしゃぶりや指しゃぶりの癖が直らないと、どのような影響が現れるのでしょうか。
わかりやすく説明します。

おしゃぶりや指しゃぶりについて

3ヶ月男の子 指しゃぶり

おしゃぶりを吸う癖や指しゃぶりをする癖を、吸指癖(きゅうしへき)といい、歯並びに影響する習癖のひとつに数えられています。

超音波検査をすると、胎児が指しゃぶりをしている動画が得られることから、指しゃぶりは生理的な行為に起因して起こっていることがわかります。

実は、赤ちゃんには母乳を吸うために何かを吸おうとする本能があるのです。
そのため、おっぱいや哺乳瓶に限らず、手や指などなんでも吸おうとし、それによって安心感を得るようになります。

しかし、成長に伴って母乳を吸う必要が無くなり、この本能も自然と無くなっていきます。
ところが、幼児期になっても指しゃぶりを続けていることがあります。

この場合、続けている背景には不安や寂しさなどの精神的な影響があると考えられています。
精神的な背景があることが多いので、やめさせることは非常に難しいです。

なお、指しゃぶりをする指は、おや指が最も多く、拇指吸指癖という病名がつけられているほどです。

おしゃぶりや指しゃぶりによる歯並びへの影響

指しゃぶり

では、おしゃぶりや指しゃぶりをやめられなかった場合、どのような影響が現れるのでしょうか。
最も良く現れるのが、歯並びへの影響です。

まず、おしゃぶりや指しゃぶり癖がある場合の、正常咬合と不正咬合の割合ですが、1歳6ヶ月であればほぼ1対1なのですが、2歳以降になると不正咬合の割合が正常咬合の2倍くらいになります。

つまり、年齢とともに歯並びが悪くなっていくことがわかります。
気になる不正咬合の中身ですが、一番多いのが上顎前突、つまり受け口の逆です。

次いで多いのが開咬です。開咬とは、上下顎の前歯が口を閉じた状態になっても接触しない歯並びのことです。

そして、過蓋咬合という上顎の前歯が下顎の前歯を隠すくらいに下がっている噛み合わせや、交叉咬合という上下の前歯が接触しないくらいにでこぼこととした噛み合わせも多いです。

おしゃぶりや指しゃぶりによる歯並びへの影響は、いろいろな形で現れるのです。

おしゃぶりや指しゃぶりの治療はいつから開始するべきか。

おしゃぶりや指しゃぶりは歯並びに影響するので、やめさせるようにしなければなりません
それでは、いつ頃からやめさせたほうがいいのでしょうか。

新生児は唇や口の角に触れるとお口を反射的に開けて、吸い込む動きを示します。お口に指を入れたり、舌に触れたりするとより強く現れます。

これは吸引反射や吸啜反射といい、正常な反応です。
この反射は、生後12ヶ月頃には自然と消失します。
したがって、12ヶ月頃まではおしゃぶりや指しゃぶりは生理的な反応と考えられています。

この年を過ぎてもなおらない場合は、やめさせるようにしたほうがいいでしょう。

おしゃぶりや指しゃぶりの治療法

0歳女の子 家族 姉妹 母

おしゃぶりや指しゃぶりの治療法は、説得療法と習癖防止装置による方法の2つがあります。

説得療法

心理的な背景によっておしゃぶりや指しゃぶりのくせがある場合に有効です。

説得療法とは、保護者に対しては、おしゃぶりや指しゃぶりをする原因を取り除くように指導すると同時に、子どもに対してその害を説明することにより、やめるように持っていく方法です。

しかし、説得療法は、子どもの言葉の発達に大きく影響され、たとえば1歳6ヶ月くらいの子どもであれば、説得するのは非常に困難です。

語彙の数が急激に増加する3歳頃からでないと効果が出ないようです。

習癖防止装置による治療

習癖防止装置による治療法は、説得療法によってやめさせることが出来ない場合に選択されます。
いきなり始めから習癖防止装置が使われることはほとんどありません。

習癖防止装置には可徹式装置と固定式装置があります。
可徹式装置は、人工歯のついていない入れ歯のような形をしています。

これを上顎に装着します。指につけるタイプのものもあります。
一方、固定式装置では、上顎前歯の内側に突起のついたワイヤーを接着します。

こうした装置によって、指しゃぶりをしようとしても阻まれることで、しなくなることが期待されます。

おしゃぶりや指しゃぶり以外の癖

1ヶ月女の子

歯並びに悪影響を及ぼす癖って、おしゃぶりや指しゃぶりだけなのでしょうか。
いいえ、そうではありません。他にもたくさんあります。

弄舌癖(ろうぜつへき)

弄舌癖とは、食事や会話をしていないときなど、舌を不必要に動かす癖のことです。
舌を前に突出させる動きを示すことが多く、舌突出癖(ぜつとっしゅつへき)とよばれます。

舌突出癖があると、上下の前歯が接触しなくなる、つまり開咬状態になったり、上下の前歯が外側に向かって大きく傾いたります。

物かみ

物かみとは、おもちゃなど身近にあるものを噛みたがる癖のことです。
このくせがあると、開咬になることが多いです。

3歳以降になってもこの癖が残るのはとても稀です。言い方を変えれば、1歳6ヶ月や2歳頃の歯並びに影響します。

歯ぎしり

子どもでも歯ぎしりをすることがあります。

子どもの場合、寝ているときだけでなく、日中も上下の歯を擦り合せることで、音を鳴らして遊ぶこともあります。

歯ぎしりをすると、歯が全体的に過度にすり減ってきます。そして、歯ぎしりの仕方によっては、全体的に必要以上に歯と歯の間が広がってきます。

咬爪癖(こうそうへき)

指しゃぶりとは異なり、爪だけを咬む癖のことです。
このくせがあると、特定の指の爪の形が変形してくるので、わかりやすいです。

奥歯で爪を噛むことはほとんどなく、前歯のはならびに影響してきます。
咬爪癖は、3歳以降で増えてきます。

弄唇癖(ろうしんへき)

弄唇癖とは、上下の唇を前歯で噛んだり、不必要に動かす癖のことです。

下唇が多いですが、上唇でも起こります。
前歯で噛んでも傷を作るほど強く噛むわけではありません。そのため、気がつきにくいのが特徴です。

例えば、下唇を噛むくせがあると、下顎の前歯が内側に押されるので、上下の前歯が接触しなくなり、上顎の前歯が外側に傾き、下顎の前歯が内側に傾いてきます。

口呼吸(こうこきゅう)

呼吸は、口ではなく鼻でするものです。口で呼吸するのは、たくさんいるほ乳類の中でも人間だけといわれています。

口で呼吸すると、乾燥した空気や空気中の雑菌やホコリが直接気管や肺に入り込むことで、呼吸器系の病気になりやすくなりますが、歯並びにも悪影響があります。

口呼吸していると、息をするために常に口が開いた状態になります。口を開けておくために、唇は外側に向かって反り返るような形になり、舌は本来上顎にあたっているものなのですが、息を吸いやすくするために下がります。

舌が下がると、舌の先が下顎の前歯を内側から押すので、下顎の前歯が前方に出てくるようになります。
つまり、歯並びが受け口になってしまうのです。

まとめ

 

おしゃぶりや指しゃぶりは、12ヶ月頃までなら生理的な反応と考えられますが、それ以降も続くようなら、歯並びを悪くさせる原因になるので、なるべく早めにやめさせた方がいいでしょう。

やめさせる方法としては、説得療法や習癖防止装置による治療法があります。

おしゃぶりや指しゃぶりをするくせがあるなら、歯科医院で一度みてもらうことをお勧めします。