永久歯とは?乳歯との違いや長持ちさせる基本ケアなど【歯科医が解説】

永久歯には、乳歯と違って生え変わってくれる歯はありません。

ですから、永久歯は生えてから人が死ぬまでの期間、ずっと使い続けなければならない大切な歯といえます。

今回のコラムでは、永久歯と乳歯の違いから、永久歯を長持ちさせるための基本となる歯のケア、気を付けたいポイントなどをわかりやすく解説します。

永久歯と乳歯の違い

10ヶ月男の子

永久歯と乳歯にはどのような違いがあるのでしょうか?

歯の本数

乳歯と永久歯では、歯の本数が異なります。

乳歯は、前歯が12本、奥歯が8本の合計20本です。

一方、永久歯は、前歯が12本、奥歯が親知らずを含めれば20本あり、合計32本、親知らずを含めなければ奥歯は16本で、合計28本あります。

前歯の本数は乳歯も永久歯も同じなのですが、奥歯の数が全く違うことがわかります。

乳歯の名前

乳歯は、左右の上下顎で合計20本あります。

1歯種ごとに名前が付けられており、真ん中から順に、乳中切歯、乳側切歯、乳犬歯、第一乳臼歯、第二乳臼歯とよびます。

このように、乳歯の名前には、全て”乳”がつきます。

なお歯科医師や歯科衛生士は、例えば上顎左側第一乳臼歯とかよぶのはたいへんなので、同じ順でA・B・C・D・Eとよんでいます。

例に挙げた上顎左側第一乳臼歯なら、左上Dとなります。

永久歯の名前

永久歯は、親知らずを含めなければ左右の上下顎で合計28本、親知らずを含めると32本あります。

乳歯と同じく1歯種ごとに名前がついています。真ん中から順に、中切歯・側切歯・犬歯・第一小臼歯・第二小臼歯・第一大臼歯・第二大臼歯・第三大臼歯です。

乳歯をA・B・C・D・Eとよぶように、永久歯は1番・2番・3番・4番・5番・6番・7番・8番とよばれています。

年配の歯科医師だと、親知らずをドイツ語での8は「アハト」なので、アハトとよんでいたりします。

歯の色や形など

乳歯と永久歯を比べてみると、大きさも違いますが、色も異なっています。

永久歯の色は、少し黄色味がかった白色をしていますが、乳歯の色は文字通り真っ白です。

構造面では、最も外側がエナメル質、内部が象牙質という歯の内部構造には、乳歯と永久歯に違いがありません。

ただし、乳歯のエナメル質や象牙質の方が厚みが薄く、軟らかくなっています。

そのため、すり減りやすい上に、ミュータンス菌が産生する酸にも弱く、永久歯よりも虫歯になりやすい傾向にあります。

歯並び

乳歯と永久歯の歯並びを比較すると、乳歯の歯並びの方が、歯と歯のすき間が広くなっています。

これは、後から生えてくる永久歯の方が、乳歯よりも一回り大きいため、永久歯がきちんと並ぶように乳歯と乳歯の間にすき間を確保しているためではないかと考えられています。

歯の異常の頻度

乳歯と永久歯では、歯の異常の起こる割合が全く異なります。

永久歯では、歯の数が足りない先天欠如歯、歯の数が多い過剰歯、歯がくっついている癒合歯、歯が埋もれたまま生えてこない埋伏歯などいろいろな歯の異常が認められます。

一方、乳歯では、癒合歯がまれに認められる程度で、先天欠如歯や埋伏歯などはまずみられません。

乳歯の歯の異常は永久と比べると非常に少ないです。

乳歯が抜ける順番

最初に抜ける乳歯は、下顎の乳中切歯で、2番目に抜けるのが上顎の乳中切歯です。

その次に抜けるのは下顎の乳側切歯で、そして上顎の乳側切歯→下顎の犬歯と続きます。

ここまでみると下顎→上顎の順に抜けているように見えるので、この次には上顎の乳犬歯が来るように思われそうですが、実は上顎の第一乳臼歯→下顎の第一乳臼歯となり、この次に上顎の乳犬歯がきます。

そして、最後の段階になり上顎の第二乳臼歯→下顎の第二乳臼歯が抜けて、乳歯が全て無くなります。

抜ける順番が多少前後しても、生えかわれば心配ありません。

永久歯が生えてくる時期

最初の永久歯が生えてくるのは、6歳頃です。第一大臼歯、いわゆる6歳臼歯とよばれる奥歯で、乳歯の奥歯の後ろに生えてきます。

ですから、この歯は乳歯と交代で生えてくる歯ではありません。その後、下顎の前歯の乳歯から順番に永久歯にかわっていきます。

最後に生えてくる永久歯は第三大臼歯、いわゆる親知らずですが、親知らずはきちんと生えてくることの方が稀なので、その手前側に生えてくる第二大臼歯が生えてくれば、永久歯の歯並びが完成したとみなされます。

その第二大臼歯が生えてくるのは、12〜13歳です。

永久歯は、6歳から12〜13歳まで、つまり6・7年かけて生えてきます。

永久歯が生える順番

最初に生えてくるのは第一大臼歯であることは前述した通りです。

その次は下顎の中切歯ですが、近年、第一大臼歯が生えてくるより先に下顎の前歯が生えてくるケースも増えてきました。

このように生えてくる順序が多少前後しても、心配することはありません。

下顎の中切歯の次は、上顎の中切歯か下顎の側切歯です。そして上顎の側切歯が次に生えてきます。

上顎の側切歯の次は、下顎の犬歯、上顎と下顎の第一小臼歯、上顎の犬歯とつづきます。この次は上顎と下顎の第二小臼歯で、これで乳歯が全て生えかわります。

この後第二大臼歯が生えてきて、永久歯の歯並びが完成します。

生え変わり時期の歯の磨き方

乳歯から永久歯への生えかわりの時期に気を付けたい歯みがきの注意点を解説します。

第一大臼歯(6歳臼歯)に注意

新しく生えてきた第一大臼歯は、お子さんの顎の大きさを考えると、とても奥深いところにあります。

そのため、乳歯だけのときのイメージでいると、歯ブラシが届いていないことが多く、磨きにくいようです。

特に上顎の第一大臼歯は、見えにくいこともあり、その傾向が強いといえます。

6歳臼歯のあたりまで、しっかり磨くように心がけてください。

歯の溝

第一小臼歯から第二大臼歯まで臼歯とよばれる歯には、表面に山と谷があり、溝を形成しています。

生えた直後の歯は、山の部分の高さがすり減っていないため高く、そのために溝が深くなっています。

溝が深いために、食べ物が入り込むとなかなかとれません。

スナック菓子やチョコレート、キャンディなどのお菓子類に特にその傾向があります。もちろん、普通の食事でも同じですよ。

ですので、特に磨き残しに注意して下さい。

可能であれば、シーラントという歯の溝を埋める詰めものをしておくと、磨きやすくなるのでむし歯予防に効果的です。

フッ素も使おう

歯は、生えた直後が最も弱く、ミュータンス菌の産生する乳酸に溶かされやすく、虫歯になりやすい時期です。そこで、フッ素を使って乳酸に強い歯にしましょう。

フッ素には、ミュータンス菌の働きを抑えたり、乳酸によって溶かされた直後の歯を修復したり、乳酸によって溶かされにくいように歯を強くしたりする効果があることが認められています。

フッ素は、自宅で歯みがきの後や寝る前に使うジェルタイプと、歯科医院ではに塗るタイプがあります。

ジェルタイプは、ミュータンス菌の働きをおさえたり、歯を修復したりするのに適しています。塗るタイプは、歯を強くするのに効果的です。

一言でフッ素といっても、効果が異なるので、両方するのがおすすめです。

痛くなることも

生え変わる時期が近づくと、歯がグラグラと動き始めます。

そんな時、歯ブラシが歯に当たると歯が動いて痛みが生じます。出血することもあります。

そんな時、どうしても歯みがきがおろそかになりがちです。

多少出血するようなことがあっても、心配する必要はありません。しっかりと歯を磨くようにしましょう。

こんなことがあったら歯科医師に相談

永久歯が生えてくる時期に、このようなことが認められたら歯科医師に相談した方がいいでしょう。

生えかわらない

例えば、右側の乳歯は永久歯に生えかわったのに、左側の乳歯は生えかわらない、このような時は、歯科医院で診てもらった方がいいかもしれません。

ただ、左右で違いがあって生えてくるのが遅いだけならいいのですが、中には先天欠如といって、永久歯がないことがあるからです。

先天欠如は、下顎の第二乳臼歯によくみられますが、上顎や下顎の側切歯、上顎の第二乳臼歯にもしばしば見られます。

もし、永久歯が存在していない場合は、乳歯を永久歯の代わりに長い間使わなければならなくなるので、より一層むし歯予防に努めなくてはなりません。

歯の形

生えてきた永久歯が、2本くっついたような形をしているに見えることがあります。癒合歯とよばれる歯です。

癒合歯とは、顎の骨の中で、歯が出来上がってくる過程で、本来別々だったはずのふたつの歯がくっついてしまった歯です。

癒合歯は、特に治療の必要性がないため、そのままの状態で過ごしてもらうことになります。

また、反対側にはない歯が生えているということもあります。これは過剰歯という歯です。

過剰歯は小さいこともあれば大きいこともあり、形も千差万別です。

過剰歯があると歯みがきがしにくくなったり、歯並びが悪くなったりしますので、抜歯になることが多いです。

中心結節(ちゅうしんけっせつ)

第一小臼歯や第二小臼歯とよばれる前から数えて4番目と5番目の歯の噛み合わせの面に、とがった部分が認められることがあります。

このとがった部分を中心結節といいます。

中心結節は、通常長い時間をかけて徐々にすり減っていくので問題ないのですが、稀にすり減らないうちに折れてしまうことがあり、突然虫歯でもないのに激痛が生じる原因となります。

もし、中心結節らしきとがった部分を認めたら、折れないように歯科医院でその周囲をセメントなどを使ってかためてあらかじめ補強してもらっておいた方がいいでしょう。

まとめ

永久歯と乳歯には、大きな違いがあります。

本数や歯の形、色具合もそうですが、何より最も大きな違いは、生えかわりがあるのかないのかです。

乳歯は永久歯に生えかわりますが、永久歯の後に生えてくる歯はありません。

ですから、永久歯は、一度生えたら人が死ぬまで使い続けなければならない歯といえます。

永久歯を長持ちさせるためにも、子供の頃からの歯みがきの習慣化と、フッ素利用を心がけてください。