子どもの歯並びの特徴とは?【歯科医が解説】

1歳女の子 歯磨き

子供の歯並びは、成長発育に伴って新しく歯が生えてきたり、その代わりに乳歯が抜けたりと永久歯が生え揃うまで変化を繰り返すだけでなく、歯が生えている顎の骨も成長とともに大きくなっていくのが特徴です。

常に変化しているので、子供の歯並びや噛み合わせがどのような状態になったときに、矯正歯科治療を受けることを考えればいいのか、なかなかわかりにくいと思われます。

そこで、今回、受け口や上下の前歯が当たらないなど、矯正歯科治療を受けた方がいいと思われる歯並びや噛み合わせの特徴について、わかりやすく解説します。

子供の歯並びとは

子供の歯並びは、成長とともに変化していき、3つの段階に分類することができます。

子供の歯並びとは?

子供の歯並びは、乳歯列期、混合歯列期、永久歯列期と変化していきます。

乳歯列期

乳歯列期は、乳歯だけで構成されつ歯並びのことで、生後6か月頃から、下顎の前歯、もしくは6歳臼歯が生えてくるおおむね6歳頃までの時期になります。

この時期は、歯並びや噛み合わせの異常がわかりにくいのが特徴です。

そのため、歯並びや噛み合わせの異常を探すのではなく、歯並びや噛み合わせを悪くさせる要因、つまり指しゃぶりや爪噛み、口呼吸などの癖、鼻づまりなどがないかどうかを見るようにしてください。

混合歯列期

混合歯列期は、乳歯から永久歯に生え変わっていく時期の歯並びで、おおむね6歳頃から12歳頃までの時期です。

この時期は永久歯に生え変わっていく途中の段階なので、乳歯と永久歯が混在しているのが特徴です。

混合歯列期になると、乳歯だけだった時期にはわかりにくかった、歯並びや噛み合わせの異常が現れてきます。

もし、受け口になっている、咬み合わせた時に下の歯が隠れてしまって見えなくなる、上下の前歯があたらない、歯が内側や外側に凸凹と並んでいるような歯並びをしているときは、矯正歯科治療を受けた方がいいかもしれません。

永久歯列期

永久歯列期は、その名の通り、乳歯はもうすでになく、永久歯のみで構成される歯並びです。

この時期になりますと、歯並びや噛み合わせの異常は、はっきりと現れてきます。もう生え変わることはないので、矯正歯科治療を受けない限り、その噛み合わせが生涯続くことになります。

大人の歯並びとの違い

大人は、子供と違い成長発育が終わっています。

新しく歯が生えてくることもなければ、顎の骨も大きくなっていくことはありません。

ですので、大人の場合は、歯周病やむし歯で歯が減っていくことはあっても、子供のように歯が増えることはないという点が最も異なります。

しかしながら歯並びについては、歯が生えてきたり顎が大きくなったりしないからといって、大人の歯並びが変化しないかというとそうではありません。

子供の歯並びは新しく歯が生えてくることによって変化していきますが、大人の歯並びは、歯周病やむし歯、癖で歯が欠けたり、歯を失ったりすることで、変化していきます。

家庭でできる歯並びのチェック

ご家庭で親御さんが子供の歯並びをチェックする時は、どのようなところに注目すればいいのでしょうか。比較的見つけやすい代表的な歯並びの異常を紹介します。

反対咬合(はんたいこうごう)

いわゆる受け口です。下顎前突(かがくぜんとつ)とも言います。上下顎の前歯の重なり関係が反対になっており、下顎の方が上顎よりも前に出ている噛み合わせです。

反対咬合の原因は、遺伝的に下顎骨が上顎骨よりも大きいこと以外にも、小さい頃からの指しゃぶり、舌の先が下顎の前歯の裏側に当たっているなどの舌癖、口呼吸、頬杖をつくなどの癖によって起こることがあります。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎の前歯が下顎の前歯よりも、大きく前方に出ている噛み合わせのことです。受け口の反対ですね。

上顎前突の原因は、遺伝的に顎の骨が大きいという場合以外に、口呼吸や爪を噛む癖などによっても起こります。

過蓋咬合(かがいこうごう)

上顎の前歯が大きく前に出て、下顎の前歯に覆い被さったような噛み合わせのことです。

上顎前突の場合は下顎の前歯が見えますが、過蓋咬合の場合は下顎の前歯が隠れて見えなくなるところに違いがあります。

開咬(かいこう)

歯を噛み合わせた時に、上下顎の前歯が垂直的に開いて、接触しない噛み合わせのことです。

開咬状態になっているとき、たいてい舌を前に出す癖、舌突出癖があります。

話をするとき、特にサ行の発音のときに、舌が前に出ていないか、チェックしてください。

叢生(そうせい)

主に前歯の生えている位置が、外側に飛び出していたり、内側に入り込んでいたりして、きれいに並んでいない歯並びのことです。

歯の大きさと、生えてくるスペースのアンバランスによって生じますが、むし歯を放置していても起こりえます。

むし歯を放置することが歯並びや噛み合わせに影響するのはこのためです。

この他にも、鋏状咬合(はさみじょうこうごう)、交叉咬合(こうさこうごう)など、いろいろな噛み合わせの異常がありますが、これらはなかなか気づくのが難しいです。

早めの矯正のメリットとは?

子供のころから矯正歯科治療を開始すると、成長に合わせながら歯を整った位置に動かして並べることが出来るというメリットがあります。

顎の骨を拡大できる

大人になってから矯正歯科治療を開始することもできますが、顎の骨の成長が止まっていますので、歯が並ぶスペースが足りないときは歯を抜かなければなりません。

しかし、子供の場合は、スペースが足りないときは顎の骨の成長方向を適した方向に誘導することで、顎の骨を拡大することが出来ます。

そうすることで、歯を抜くことなくきれいに並べることが出来るようになります。

後戻りがしにくい

大人になってから行なう矯正歯科治療では、せっかくきれいに歯を並べても後戻りを起こして、再び歯並びが悪くなることも珍しくありません。

そこで、後戻りをしないように、リテーナーとよばれる装置をつけなければなりません。

しかし、子供のときから行なう矯正歯科治療では、顎の成長発育を利用して歯の位置をきれいな位置に整えることができます。

リテーナーをつけなくても大人の矯正歯科治療と比べて、後戻りを起こす可能性が少なくなります。

虫歯予防もできる

矯正歯科治療を受けている間は、2〜3か月に一度くらいのペースで定期的に歯並びの状態をチェックします。

その時、歯磨きがきちんとできているか、虫歯が発生していないかも同時に調べます。

歯科医院は定期的に受診するのが望ましいのですが、自覚症状がなければなかなか受診することがないのが実情で、気がついた時には大きな虫歯ができていることも珍しくありません。

矯正歯科治療を受けていれば、定期的に通院しなければならないので、虫歯の予防や早期発見、早期治療も期待できるのです。

歯医者さんの選び方

子供の歯並びを治すのは矯正歯科治療ですから、専門である矯正歯科がおすすめです。

もちろん、子供を専門で診療している小児歯科でも、成長発育に合わせた治療を行なっているところであれば矯正歯科治療が可能なところもありますし、一般の歯科医院でも受けることが出来るときもあります。

もし、矯正してもらえるかどうかよくわからないときは、受診を希望している歯科医院に相談してみるといいでしょう。

まとめ

歯ブラシ

子供の歯並びは、乳歯列期、混合歯列期、永久歯列期の3段階に分けることができます。

乳歯列期には、歯並びや噛み合わせの異常を見出すことは難しいのですが、混合歯列期以降に歯並びや噛み合わせを悪くする癖を見つけることはできます。

大きくなってから癖をなおすのは難しいので、なるべく早い時期に見つけてなおすようにしてください。

混合歯列期以降になれば、歯並びや噛み合わせの異常がよくわかるようになります。

子供の頃から矯正歯科治療を受ければ、抜歯の必要性が少なくなる上に、後戻りもしにくいという利点があります。

歯並びや噛み合わせに不安なことがあるときは、一度歯科医院で相談することをおすすめします。