赤ちゃんも前歯に虫歯ができる【歯科医が解説】

歯 乳歯

赤ちゃんも前歯に虫歯は生じます。

大人と同じく前歯の虫歯は目立ちますので、なるべくなら予防したいものですし、残念ながら虫歯になってしまった場合でも、出来ることなら目立ちにくいように治療したいものです。

今回は、赤ちゃんの前歯に生じる虫歯について、原因から治療法、そして予防法までわかりやすく解説します。

赤ちゃん前歯の虫歯の原因

歯ブラシ

虫歯の原因は明らかになっています。すなわち、ストレプトコッカス・ミュータンスとよばれる細菌が原因です。

ミュータンス菌が歯の表面についた食べカスなどを代謝すると乳酸を産生します。この乳酸が歯の表面を溶かすことで、虫歯が生じます。

哺乳瓶う蝕(ほにゅうびんうしょく)

哺乳瓶う蝕とは、卒乳したのちも、哺乳瓶を使ってジュースやスポーツドリンク、乳酸菌飲料を飲んでいる子供によく見られる虫歯のことで、主に上顎の前歯に発生します。

1日のうち、どの時間に飲んでも起こりえますが、特に寝る前に飲むと虫歯の発生率が高くなることが知られています。

これは、睡眠中には唾液の分泌量が減少するからです。

唾液には、お口の汚れを洗い流したり、ミュータンス菌の作り出す乳酸を中和したりする働きがあります。

唾液の量が減少すると、こうした働きが低下するため、虫歯のリスクが高まるのです。

哺乳瓶う蝕を予防するためにも、哺乳瓶には水やお茶を入れて飲ませるようにしましょう。

前歯が虫歯になったら

前歯の虫歯治療は、虫歯の深さ、大きさによって異なります。

虫歯の深さや大きさは、COとC1からC4までの5段階に分類されています。

CO

COは、シーゼロではありません。

シーオーとよみます。”O”は、observation(観察)の”O”です。

COは、歯の表面に白い濃い斑点が生じた状態です。これは脱灰とよばれる状態で、ミュータンス菌の産生した乳酸によって、歯の表面のエナメル質の構造が壊されかけた段階です。この状態からさらに進行すると、穴が開いて虫歯となるのですが、お口の中をきれいな状態に保っていれば、唾液の働きで自然に治ることもあります。

自然治癒の可能性があるため、COでは虫歯治療は行なわれません。

ですので、observation(観察)なのです。代わりにフッ素を塗ったり、歯みがき指導をしたりします。

C1

歯の最も外側の部分をエナメル質といいます。C1はこのエナメル質に生じた虫歯です。

C1であれば痛みが生じないため、歯科医院で指摘されるまで気がつかないことも珍しくありません。

C1では、コンポジットレジンとよばれる歯の色に合わせたプラスチックの詰めものをする治療や、フッ化ジアンミン銀という虫歯の進行をおさえる薬を塗る治療が行なわれます。

麻酔の注射が必要となることはまずありません。

ただ、フッ化ジアンミン銀は虫歯を削らないですむので簡単にできるという利点がある一方、薬を塗った部分が黒く変色するという副作用があるので、前歯の治療には使いにくい点が悩ましいところです。

C2

歯のエナメル質の内側には象牙質があります。C2は、象牙質にまで進行した虫歯です。

C2でも初期の段階なら痛みを感じることはありません。少し深くなってくると痛みが出るようになります。

C2では、C1と同じくコンポジットレジンを詰める治療や、奥歯ならインレーという金属製の小ぶりの詰めものをする治療が行なわれます。

C2までなら、麻酔の注射をしないでも治療できる可能性があります。

C3

虫歯がさらに進行し、歯髄とよばれる、いわゆる歯の神経にまで達した状態がC3です。

虫歯の深さがC3にまで至ると、痛みを感じるようになります。C2までの詰めもので治せる段階ではなくなり、麻酔の注射をした上で、神経を取り除く治療をしなくてはならなくなります。

C3の治療では麻酔が必要ですし、治療の期間も長くなってしまいますから、なるべくならC2になるまでの段階で虫歯は治しておきたいものです。

C4

C3の段階からさらに虫歯が進むと、歯髄が死んでしまい痛みがなくなります。

そのかわり、歯髄が壊死(腐ること)を生じ、根の先に膿がたまり歯肉が腫れて、腫れた痛みを感じることがあります。

またC4では、歯の大部分が虫歯で消失し、歯の根くらいしか残らないため、虫歯治療が出来ないことが大半です。

この場合、抜歯しか治療の選択肢が残されていません。

乳歯を生えかわりの時期よりも早期に抜歯すると、後から生えてくる永久歯のはならびに悪影響を及ぼす可能性があります。

前歯の治療の時に気を付けるポイント

女性

赤ちゃんの前歯の治療をする際に、歯科医師はどのようなことに気を配っているのでしょうか。

あまり削らない

虫歯治療の基本は、虫歯の部分を削って取り除くことです。

ところが、乳歯は永久歯と比べて歯が小さいため、永久歯と同じように削ると歯がかなり小さくなってしまいます。

小さくなるとコンポジットレジンなどを詰めてもすぐにとれてしまいますし、詰める治療を繰り返していくうちに、神経の治療をしなければならなくなります。

削る料を最小限度に留めるように注意が必要です。

薬剤治療も考える

削らないという点で、フッ化ジアンミン銀を塗るという選択肢も考慮に入れてもいいでしょう。

この薬は虫歯の進行を抑えるたいへん優れた薬です。ところが、塗ったところが黒く変色してしまうというデメリットをもっています。

乳歯は、いずれ永久歯に生えかわりますから、生えかわりの時期が近いと思われる場合などは、削って詰めるよりもこの薬剤を使った方がいい場合もあります。

神経をとった後の詰めもの

歯の神経の治療をすると、神経を取り除きますので、神経があったところが何もない空間になってしまいます。

そのままの状態で置いておくと細菌が繁殖する温床となりますので、永久歯の場合はガッタパーチャという詰めもので埋めます。

ところが、赤ちゃんの歯である乳歯は永久歯に生えかわる過程で歯根が吸収されますので、ガッタパーチャでうめてしまうと、歯根の吸収がうまくいかなくなります。

そこで、乳歯の場合は、ビタペックスという吸収性のある詰めもので埋めるようにしています。

差し歯に出来ない

永久歯がC3クラスの虫歯になると、神経を取り除いてコアとよばれる芯をたてて、差し歯にして治します。

ところが、乳歯は、永久歯に生えかわる過程で歯根の吸収が起こります。

人工物であるコアが入っていると、歯根の吸収時に悪影響が及びます。ですから、乳歯に永久歯のようなコアをたてて差し歯にするという治療法は選べません。

神経を取り除く治療をする場合は、その後どうするのかも考えておかなければならないのです。

前歯を虫歯にしないために

1歳 歯磨き

前歯に虫歯が生じるのを予防するためにはどうすればいいのでしょうか。

歯みがき

歯みがきは虫歯予防の基本です。

おやつを含め、何かを食べたら歯を磨くようにしてください。

小さいときから豆に歯みがきをすることで、お子さんに食べたら歯を磨くという習慣が身につけられれば、大きくなってからも虫歯を防ぐためにとても有効です。

歯みがきに際しては、子供さんだけにさせるのではなく、親御さんの手で必ず仕上げ磨きをするようにしましょう。

歯みがきのときには、歯の表面だけでなく、歯と歯の間まで磨くことを忘れないようにしてください。

歯と歯の間に挟まった食べ物がとりにくいときは、赤ちゃん用の歯間ブラシを使ってみるといいですよ。

フッ素

フッ素には、ミュータンス菌の出した乳酸によって溶かされた歯の部分を修復したり、ミュータンス菌の働きを弱めたり、歯を強くしたりする効果があります。

ご家庭で出来るフッ素にはジェルや洗口剤(うがい薬)がありますが、うがいがしっかりできないうちは洗口剤ではなく、フッ素ジェルを歯に寝る前などに塗るようにしてください。

また、数ヶ月に一回でいいので、歯科医院でフッ素を塗ってもらうのもいいです。

歯科医院で塗ってもらうフッ素は、ジェルタイプよりも歯を強くする効果が高いので、ジェルを塗るのと組み合わせるといいでしょう。

飲み物

ジュースやスポーツドリンクには、ミュータンス菌の代謝に適した砂糖が豊富に含まれています。

小さい頃から、こうした飲み物を飲むのが習慣化すると虫歯のリスクがたいへん高くなります。

飲み物を与えるときは、お水やお茶にするようにしてください。

定期検診

虫歯はCOのような極初期の段階で見つけたいものです。しかしながらCOは見つけにくいのが実情です。

そこで、定期的に歯科医院を受診して、歯に異常が生じていないかどうかを調べてもらうといいでしょう。

そして、そのときフッ素を塗ってもらったり、磨き残しているところきれいにしてもらえば、一石二鳥です。

歯科医院で定期検診を受けて、虫歯の予防や早期発見に努めて下さい。

赤ちゃんの歯医者さんの選び方

たくさんある歯科医院の中から選ぶとすれば、小児歯科専門医のいる歯科医院がおすすめです。

小児歯科専門医なら、大学を卒業した後、赤ちゃんから児童まで、低年齢児の診療経験を豊富に積んでいると考えられるからです。

もちろん、赤ちゃんであっても、普通の歯科医院でもきちんと診察してもらえます。

ですから小児歯科専門医でなければならないということはありません。ご自宅の近隣に小児歯科専門医がいない場合は、普通の歯科医院を受診していただければ問題ありません。

赤ちゃんを歯医者さんに連れて行くときの注意

赤ちゃんを虫歯の治療で歯科医院に連れて行くときだけでなく、定期検診で行く場合でも母子健康手帳は忘れないようにしてください。

母子健康手帳には、妊娠中の状態から出産してからの乳幼児の記録が記載されています。

小学校に入学するまでの期間、歯科に限らず医療機関を受診するときには必ず持っていくようにしましょう。

まとめ

赤ちゃんの前歯の虫歯を防ぐためには、日常生活から気をつけることが大切です。

まずは飲み物です。ジュースなどの甘い飲み物を与えるよりはお茶やお水を与えるようにしてください。

歯のお手入れに関しては、おやつを含め、何かを食べたら歯を磨くという習慣を身につけさせることと、フッ素を使って歯をミュータンス菌の産生する乳酸に対して強くすることです。

そして、定期的に歯科医院を受診して、虫歯のチェックを受け、できるだけ早期に発見し対応してもらえるようにしましょう。