安定期に入ったら安産エクササイズをはじめよう!

安産エクササイズって?はじめる時期はいつから?

まず安産エクササイズとは、出産に向けての体力作りと妊娠中に体重が増えすぎないように体調管理することを目的としたエクササイズです。普通のエクササイズとは違いお腹にあまり負荷のかからないエクササイズが中心で、簡単で安全にできるものを紹介しています。安産エクササイズは妊娠中や出産に役立つだけでなく、産後の回復や体力の必要な育児中にも役立ちます。

 

安産エクササイズを始める時期は、胎盤が完成する安定期(妊娠5〜7ヶ月頃)が目安です。これまでにトラブルがなければ悪阻や体調不良の落ち着いたころが安定期と言えますが、妊娠初期に何かトラブルがあったママや高齢妊娠のママは、医師の許可が出たらはじめるようにしましょう。

 

妊娠中はホルモンの働きで体重が増えやすくなりますが、悪阻や慢性的な疲れなどから体を動かすことが減ってしまうことでも体重が増えてしまいがちです。体重が増えすぎると、妊娠高血圧症候群症や妊娠糖尿病などのトラブルを起こしやすくなるので、安産エクササイズで体を動かして体重が増えすぎないように気を付けるようにしましょう。

 

体力に自信のないママや高齢妊娠のママはお腹が大きくなる前にある程度体力を付けておかないと大変です!段々と大きくなるお腹(胎児)が支えられず少しのことで疲れやすくなり、腰痛や肩こりを引き起こす原因にもなります。また、体力がないと出産の疲れがなかなかとれず、産後に大変な思いをします。育児は産後直ぐから始まります。長く休んでいられないので妊娠中にしっかり体力を付けて出産に臨みたいですね。特に高齢出産のママは、体力の回復が遅いので注意が必要です。

 

安産エクササイズは体力を付けるだけでなく、妊娠中に起こりやすいむくみや慢性的な疲れ、不眠などの不快症状の改善や精神的な部分にも効果が期待できます。し。また、悪阻の症状が緩和されることもあるので、安定期に入っても悪阻がおさまらない方も少し楽な時に体を動かしてみましょう。


安産エクササイズを行う前に注意点をチェック!

こちらの安産エクササイズは室内で簡単にできる軽い運動を中心に紹介していますが、お腹には大事な赤ちゃんがいるので次の注意点を必ず守り行うようにしましょう。
安産エクササイズやストレッチをする時の注意点

  • 安定期に入ってできれば医師の許可が出たら行う。(5ヶ月頃以降)
  • お腹が張るときや、痛みがあるときは行わない。
  • 体調がいつもと違うと感じた時や疲れている時は行わない。
  • 体操中に張りや痛みを感じたら中止する。
  • 医師から安静の指示が出ている時は絶対に行わない。
  • 無理をせず自分の体に合う量をこなすようにする。

 

さっそく、出産に向けて安産エクササイズで体を動かし体力をつけましょう!

 

安産エクササイズよりも軽い運動で毎日でもできる簡単安産体操についてはこちら

安産エクササイズ記事一覧

安産エクササイズの全身のストレッチ編では妊娠中でもできる全身のストレッチを紹介しています。ストレッチで全身の筋肉や腱を伸...

安産エクササイズ上半身のエクササイズ編では、出産に必要な腹筋や背筋など上半身の筋肉を鍛えられるエクササイズ方法を中心に紹...

安産エクササイズ下半身編では脚や腰回りの筋肉アップを目的としたエクササイズを中心に紹介しています。下半身の筋肉はお産に必...

簡単にできる安産エクササイズでは、ちょっとした休憩時間や、テレビを見ているリラックスタイムなどにもできる、簡単なエクササ...

ウエイトを使った安産エクササイズとは、ダンベルやペットボトルなどのおもりを使って出産や産後に必要な筋肉を鍛えるエクササイ...

ながら安産エクササイズとは、家事や仕事をしながら同時にエクササイズをすることです。出産に向けて体力作りや体重管理のために...